2018年12月29日

親父様が車を乗り換え

うちの親父様、年が明けて2月になると84歳になります。
このタイミングで、運転免許証の更新時期を迎えます。
さてさて、どうするか?
本人、母、兄貴、私で色々相談した結果、免許証を自主返納する事になりました。
「でも、不便やと思うし、お年寄りが乗ってる四輪の電気で動くやつ買おうかなぁ」
とオカン。
シニアカーの事ですね。
「15万か20万くらいで有るやろ〜」
ん?そんなに安かったかしら?
と思いつつ、
「何かで調べたんかい?」
と聞くと
「知らんよ。何となくそんなもんかな?って思ってん。」
おいっ!(ー ー;)
ちゃんと調べて、新車のお値段を伝えると
「そがにするんかよォ!そりゃあ買えんわ。やめとこ!」
おいおい、軽いなァ(笑)
仕方がないので、ネットオークションで調べると、えらく綺麗でお手頃価格なのが有りました。
出品者の住所も堺市と、楽に取りに行ける所です。
運良く他の入札者が現れず、安価のまま落札出来ました。
出品者さんと相談して、木曜に引き取りに行って来ました。

67C79CA3-53E9-46E5-A1C1-9FCA53204EB9.jpg
天気も良くて、軽トラで快適にドライブ^_^
自宅に連れて帰りました。

270728A5-8F16-4F80-9D2B-AF171A29A891.jpg
いや〜綺麗!
現物を見て、良い意味で驚きました。
これで、新車価格の約1/3のお値段!
これはいい買い物が出来ました。
親父様も、えらく喜んでくれています。
良かった良かった^_^
posted by 半田 株男 at 16:34| 和歌山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

師匠が遺したカヤックを形見分けして頂きました

12月1日の朝、カヤックの師匠「H師匠」からメールが
朝っぱらから悪いけど入院しています。カヌーの事で相談あります。」
と。
何やろ〜?
カヤックのイベントに参加するつもりやったから、人数合わせにあんた出て!
とか、何か無茶振りとか???
と思いつつ病室へ。
お顔を拝見すると、どうもいつもと様子が違い過ぎます。

「わし、去年から透析してたやろ。
それが回を重ねるたびに、だんだん苦しくなってなァ。
もう、ホンマに耐えられないくらいの苦痛になってしまったんや。
それでな、透析をやめたんや。」
と。
医学知識がそれほど無い私でも解ります。
人工透析が必要な方が、それをやめた場合の結末くらい。

「それでな、おまはんにパドルを渡したいと思ってな。
おまはんに合うの、何がエエかなァ・・・
それと、カヤックも貰ってくれたら嬉しいんやけど。
でも、穴あいてガムテープ貼ったようなのは、返って迷惑かもなァ・・・」
なんだか師匠の声が遠くに聞こえます。
せっかく私にカヤックやパドルを譲りたいと言ってくれるのだから、返事をしなくては。
でも、頂きますと言うと師匠が居なくなる事を認める気がして、
「いや、また元気になったら漕がんとアカンねし・・・」
と答え、話しを別の方向へと変えてしまいました。
それで、頂くかどうかの答えを話さないまま辞去してしまいました。

帰宅してから色々考えて、
「師匠が元気になるまで預かります」
と答えようと決めました。
月曜は仕事だったので火曜の朝になってから、再訪問の約束をしようと思い師匠の携帯に電話をかけました。
すると、出たのは奥さん。
「せっかく電話を頂いたのですが、主人は昨日亡くなりました・・・」
一瞬、言葉の意味が理解出来ませんでした。
何とか大変な時に電話をかけた事のお詫びと、電話をかけた理由を伝えました。
すると、奥さんも喜んで下さり、
「ぜひカヤックを貰ってやって下さい。
主人も大変喜ぶと思います。」
と言って頂きました。

後日、奥さんと連絡を取って、15日に師匠のお宅に伺いました。
遺影に手を合わせ、師匠の思い出話しをした後、長年愛用されてきたカヤック、フジタカヌーKG-1を頂いて来ました。

D79117C8-4C48-4FC7-A7FD-C1515F9AE7D4.jpg
確認すると、フレームに問題は無かったです。
船体布に4カ所の小さな穴が有りました。
シートもダメになっています。
これなら、フジタカヌーさんに送ってリペアしてもらえそうです。
年が明けてから、リペアに送ってみます。
そして暖かくなったら、師匠と一緒に漕いだ人達と、北山川を漕ぎに行きたいと思います。

師匠が居ないのは寂しいですが、悲しむのはやめます。
師匠のお兄さんが葬儀の挨拶で、
「遺言として弟が次のように話しました」
と紹介された言葉があります。

「あんまり悲しまんといてくれ。でも、あんまり喜ばんといてくれ。」

師匠らしい言葉です。
イタズラ者の子供みたいに、ニヤッと笑う師匠の笑顔が見えた気がしました。
これからもこのカヤックを大切にして、漕ぎ続けていきます。

posted by 半田 株男 at 13:54| 和歌山 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする