2008年12月09日

笠置・忘年会キャンプ 往路編

201209kasagi1.JPG

12月6日、楽しみにしていた、笠置・忘年会キャンプ。
いよいよ出発!
自宅前で、記念撮影です。
7時半頃、出発!少し雲があるものの、天気予報は晴れ!
「楽しんで来るわ〜」
と、いそいそと出発しました。

201209kasagi2.JPG
行きのコースは、R169で吉野へ、そこからR370→R369とひたすら山の中を北上します。
まだまだ、きれいな紅葉が楽しめました。ところが・・・

201209kasagi3.JPG
下北山まで来た時に、前方の山が白く霞んでいるのを発見!
燃料を入れたガソリンスタンドで聞くと、
「朝からず〜っとあんな感じやで!向こうはけっこう降ってるんと違うかなァ」
ヤバイかなァ?と思いつつ、先に進むと・・・・・

201209kasagi4.JPG
大台ケ原への上り口を過ぎて、360度のループ状のトンネル辺りから、かなり雪が降り始めました。
(写真は、そこよりも、もう少し進んだ所)
慌てて合羽を着ます。
防寒用のビーンブーツには、防水スプレーを吹いていましたが、なんだか水がしみ始めています。
これだけはやりたくなかったのですが・・・

201209kasagi5.JPG
レジ袋ブーツカバー!!!
こうなっては、見た目なんてどうでもいいです!
ブーツがグチョグチョになるのだけは避けたい!
実は、金曜日に、コーナンレーシングまでタイヤレバーを買いに行った時に、ブーツカバーも手に取っていたんです。
ところがその時、
「天気予報は2日間晴れやったし、また次の機会でええか!」
と、元の場所へもどしてしまったんです。
高い物やないから、あの時、買っておけば良かったのに・・・(T_T)

このスタイルで、吉野まで進むと、ようやく雪もやみ、路面も乾いてきました。
でも、まだまだ頭の上には黒い雲が広がっています。
北のほうは晴れ間が見えているし、とりあえず合羽はここで脱いで、雲が切れるまで昼食を我慢して、先へと進む事にしました。
結局、針まで走ってから昼食にしました。
お腹も膨らんだし、天候も回復。
お日様が当たっていると、そこそこ暖かい。
「エエ感じやなァ〜。笠置までもうちょっと。の〜んびり行こうかァ」
と、針T・R・Sを出発してすぐに、前方に3台の車が事故をしているのを見つけました。

実は、道路が凍っていて、スリップした車が道路から飛び出して、止まっていたのでした。
が、まさかこんな日中で、太陽も出ているときに、凍結なんて全く頭に無かった私は、
「ありゃ〜かわいそうにィ。大変やなァ」
と、3台の車を見つつ、通過しようとしました。
その瞬間、スッコ〜ン!!!と、見事な勢いで転倒!
一瞬、何がおきたのか、全く理解できませんでした。

事故をしていた車のドライバーさんが助けに来てくれ、バイクを起こしてくれました。
とりあえず、足の屈伸と関節、手、首と、体に異常がないか冷静にチェック。
次に服をチェック。
バイク用の服を着ていたので、幸い膝の部分が小さく破れただけ。
続いて、バイクをチェック。
こちらも、ブレーキペダルやハンドルなどに擦り傷が出来ましたが、大きな故障はありません。
やれやれ〜、これくらいで済んでよかったァ
と、何気なくウエストバッグに目をやると・・・・・

201209kasagi6.JPG
ポケットが道路に擦れて、穴が開いています。
ここに何が入っていたかと言うと、フィルムカメラKONICA C35!!!
恐る恐る、カメラを取り出してみたら・・・・・

201209kasagi7.JPG
ひえ〜〜〜!削れてる〜〜〜!!!
血の気がスゥ〜っと・・・
よく見ると、削れたのはフィルターで、本体は削れていません。
もしかしたら、大丈夫か?
と、思ったのですが、キャンプ場でカメラ好きの方々に見ていただいた結果は、簡単に言うと、
「たぶんダメやね〜これは」 
ガビ〜ン 「( ̄□ ̄;)」
まいったなァ・・・

(キャンプと帰路編に続く)
posted by 半田 株男 at 21:30| 和歌山 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回、僕には何もありませんでしたが・・・
最初、ほんまに冗談で言ってはると思ってました。
まさか、雪が降ってたなんて思ってもみませんでした。
しかも、路面凍結とは。大変でしたね。
朝晩は気をつけますけど、晴れの昼間になんて
あんまり考えませんもんね。
凍結は、4輪も、2輪もどうしようも無いです。
Posted by konny at 2008年12月09日 23:07
電車でやって来て、宴会の後、夜のうちに電車で帰った悪党です。

カメラを借りて近い所から、遠い所へとカメラのピントを合わせていくと、無限遠にしても像が重なりません。

「半田さん・・無限遠にすると像が重ならないから、壊れてるよ!」

と死亡宣告をさせていただきました。

人間とバイクがほぼ無傷なことで良しとしましょうよ。

今頃ヤフオクで次のカメラを物色中ですか?
Posted by edamas at 2008年12月09日 23:26
ひえ〜いきなり道でスリップ転倒なんて怖いです。
怪我がなくてよかったですね〜。
カメラの替わりはいくらでもあるけど半田さんの替わりはありません。
ほんとによかったですよ。

しかし毎回誰なとがネタを提供されてますね。
うちの主人にはネタになってもらいたくないような・・・でも笑えるレベルならいいか♪
Posted by まんまるお月 at 2008年12月10日 00:45
半田さんより、2時間遅れで出発した、がしらです。
僕が、池原や大台ケ原付近を走ってた頃に、こんな事になってたんですね〜。
僕が通った頃は、大雪も無くて、Aコープとコーナン(オークワ?)を履かなくて済みました。(失礼)
路面凍結事故車も無かったです。(塩カル撒かれてました)
お蔭様で、僕は事故らなくて済みました。
ありがとうございます。m(_ _)m
(その先でコケかけましたが・・・)

2時間遅れたお陰で、僕はその点で得したようですね。
但し、その代わり焼きカニは食べれませんでしたが・・・(T_T)

カメラレンズは残念ですね。(-人-)
でも、きっとご主人様の身代わりになってくれたんですよ。前向きに捉えましょうでは有りませんか。
本当、大した事無くて良かったですね〜。

僕も気をつけます。(今回、前タイや縁石擦ったし)
あ、バラしてしもた!
Posted by がしら at 2008年12月10日 14:43
>konnyさん
いつも素早い書き込み、ありがとうございます(笑)
笠置周辺は、すごくいい天気やったですもんね〜
まさか雪が降るとは、私も全く思いませんでした。
凍結していて、滑り始めたら、もうどうしようも無いですね〜
長い事バイクに乗りますが、なぜ自分がこけたのか、全くわからない転倒は初めてでした。
Posted by 半田 株男 at 2008年12月10日 23:52
>edamasくん
ホンマ、良しとしましょうか!
先に3台の車が有ったので、徐行していて助かりました。
あの車が無かったら、もっと高いスピードで転倒したでしょう。
転倒しても、単独だったのも吉でした。
もしも、先に突っ込んでいたBMWにハンターが突っ込んだら?と思ったら冷や汗が出ます。
カメラは、もう買いません!(たぶん・・・)
それよりも、転倒した時に、荷台のボックスが割れていたら・・・・・と思うと、防水バッグが気になって、そちらを見ていたりして・・・・・
今後の積載方法、箱かバッグか?悩みます。
Posted by at 2008年12月11日 00:02
>まんまるお月さん
ホンマに、笑えるレベルで良かったです。
カメラはショックが大きかったですが・・・・・
まあ、諦めます(泣)
確かに!毎回誰かが何かやってくれますね〜
まさか、今回、自分が
Posted by 半田 株男 at 2008年12月11日 00:37
>がしらくん
ええ〜っ!2時間後には大丈夫やったの?
これも、日頃の行いか?(T_T)

前輪は、縁石でこすったって、何やったの?
それも、けっこうヤバイ感じがしますが・・・

笠置では、4速化したカブ90に乗れなくて残念でした。
また、今度乗らせてなァ〜
Posted by 半田 株男 at 2008年12月11日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック