2010年06月17日

琵琶湖でカヤック&キャンプ

12日、13日と、琵琶湖でカヤックを漕いで、夜はキャンプをするというお遊びをしてきました。

617biwako1.JPG
高速道路の移動も、いつもの同じこのスタイルです。
きちんと固定できているようで、全く問題なく運ぶ事ができました。
ただ、このスタイルでカヤックを運ぶ人が珍しいのか(珍しいよなァそりゃ〜)サービスエリアに入るたびに、ジロジロと見られましたが・・・(笑)

自宅を5時過ぎに出発して、としさんと待ち合わせた国民休暇村に着いたのは10時半頃。
軽トラでの〜んびり走っても、5時間程度で到着しました。
としさんは、すでに到着していました。
さっそく準備をして、琵琶湖へと漕ぎ出します。

617biwako2.jpg
今回の目的地は、沖島。
日本の湖にある島の中で、唯一住人がいる島なのだそうです。
としさんと、色々しゃべくりながら、ブラブラと島を目指します。

617biwako3.jpg
沖島のちょっとした浜に上陸。
こちらで、用意してきたカップラーメンとおにぎりでお腹をふくらませました。
もちろん、水も、お湯を沸かす道具もカヤックに積んで、持って行きました。
こういう所で食べると、カップラーメンでもご馳走に感じます。

617biwako5.JPG
食事とコーヒータイムを終えてから、島内の散策です。
もっと少人数がひっそりと住んでいるイメージだったのですが、たくさんの方が生活されているようです。
この建物は小学校でした!
立派な建物ですね〜

ところで、写真の中にも写っているのですが、3輪の自転車。
なぜかこの島内でたくさん見かけました。
どれくらい多いのかと言うと、全部の自転車の3分の1くらいが3輪!
たぶん、自動車も無い、ほとんどが平地の島内では、荷物を運んだりするのに都合がいいんでしょう。

617biwako6.JPG

617biwako7.JPG

617biwako4.jpg
島内の散策が楽しくて、ずいぶん時間が過ぎてしまいました。
国民休暇村の温泉の受付時間は2時まで!
来た時とは打って変わって、帰りは慌てて対岸を目指します。
が・・・・・途中で私の体力が底をつきました(笑)
としさんのカヤックのほうが、体力が要るはずなのに、スイスイと前を進んで行ってしまった。
結局、2時には間に合わず、キャンプ場に向かう途中の温泉で汗を流しました。
(キャンプ編に続く)
posted by 半田 株男 at 15:41| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カヤック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この前はめっちゃ楽しかったです。ありがとうございました。また遊んでください〜(^◇^)
Posted by えまっち♪ at 2010年06月17日 22:09
えまっちさん
先日は、ありがとうございました。
楽しんでもらえましたか?
良かった良かった。
今度は、ぜひ上の写真のような時に乗ってもらいたいですね。
のんびりと漕いでいるのも、たのしいですよ。
出来れば、キャンプにもお越し下さい。
また、お会いしましょう!
Posted by 半田 株男 at 2010年06月17日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック