2013年01月06日

始動性が悪いのはナゼ???

12月に、笠置でキャンプをした時、
さあ帰ろう!と、セルボタンを押したら、セルモーターの回転が悪いがく〜(落胆した顔)
これは、バッテリーが死んだか?
と思ったのですが、1度キーを切って再度セルボタンを押したら、何とかエンジン始動。
その時は、そのまま自宅まで無事帰りました。
それから1ヶ月。
久しぶりにバイクを出して、セルボタンを押してみると、やっぱり1回目はゆっくり回り、2回目で始動。
原因をさぐるために、アクセサリー電源の電圧を測りました。

0106sukabu1.jpg
だいたい11V。低いなァ・・・・・

0106sukabu2.jpg
今度はエンジンをかけて測ってみると、13.5V
発電は十分にできているみたい。

0106sukabu3.jpg
今度はバッテリーを直接測ってみると、13Vあります。
なんや!バッテリーは正常なんや!
バッテリーを外すときに、バッテリーに接続する端子が汚れていたので、掃除をしました。

0106sukabu4.jpg
それで、もう一度アクセサリーの電圧を測ると、少し上がって11.5Vになっています。
気のせいか、セルモーターの回転も元気になったように思います。
バッテリーよりもアクセサリーの電圧が低いのは、たぶんキーONでヘッドライトが点灯しているからかな?
もしかして、端子の汚れが原因で電圧が下がっていたのかなァ???
今日は、このままにしておいて、次の休みにでも確認したいと思います。

0106sukabu5.jpg
それから、もう1つスカブの問題点の改善。
これも笠置キャンプの時に発生した問題。
スカブのグリップをヒーター内臓に交換しているのですが、このグリップの右側=アクセルが空回りするのです。
つまり、アクセルを開けてもゴムだけが回ってしまい、エンジンの回転は上がらないという事。
この間は、だましだまし走って、無事自宅へ帰ってきました。
とりあえず、バラして接着材を塗って元に戻しました。
これで大丈夫やと思うんですけどねェ・・・
これも、次の休みの日に確認したいと思います。
posted by 半田 株男 at 20:22| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スカイウェイブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます

次の3連休に笠置キャンプ場に出かけマース
Posted by こやま at 2013年01月09日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック