2013年10月01日

edamas氏とリバーツーリング

今年は、あまりカヤックを漕ぐ機会が有りませんでした。
edamas氏からも
「今年は1回も漕いで無いぞ!!!せめて年に1回は漕ぎたい!」
と、訴えがありました。
10月に入るとさすがに寒いので、ラストチャンスって事でedamas氏をお誘いして、リバーツーリングに行きました。
前日から和歌山入りしたedamas氏と、前夜祭。
お鍋で盛り上がります。
翌日の天気予報は「晴れ!」
明日は楽しみやな〜
と言いつつ、寝て一夜明ける・・・・・

起きると外は曇り。
あれ???
外に出ると、ほんの少しやけど雨が降ってるやん!!!
とりあえず、予定通りに北山川へ行くか!と、カヤックを軽トラに積んで出掛けると、道中の気温計は17℃!
寒っ!!!
北山川と熊野川の合流点に行くと・・・

0929kanu4.jpg
メッチャ濁ってるやん!!!
もう、この地点で北山川下りは諦めました。

急遽、行き先を富田川に変更!
以前から、ここって漕ぐと楽しいかなァ?と思っていた所へ。

0929kanu2.JPG
ね!
すごくエエ感じでしょ!!!

0929kanu3.JPG
edamas氏の勇姿でございます。
でも、実態は・・・
水量不足で、5〜6個所でカヤックを引きずって歩くはめに。
私はポリ艇(プラスチック製のカヤック)なので、底が石に当たろうが岩にぶつかろうが問題なし。
底が当たりそうな場所でも、動けなくなるまで
「おりゃ〜っ!!!」
って突っ込んで、引きずって歩けばいいのですが、edamasくんはそうはいきません。
彼の船はインフレータブル(空気を入れて膨らませる船)。
破ける心配が付きまといます。

そして、最後の瀬が淵に流れ込んだところで、edamas氏が沈(転覆する事)!
彼は、これが初の沈。
一瞬、あっ!!!と思ったのですが、すぐに頭が水面に出たので、安心しました。
残念ながら、その瞬間の画像は無し。

edamas氏は歩きが多かった為か、疲れていました。
私には、なかなかエエ感じのコースで、楽しめました。
問題は水量かな?
posted by 半田 株男 at 01:37| 和歌山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | カヤック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

懐かしい風景ですね〜♪
ちっちゃい頃、ようこの辺で泳ぎました(^^)

やっぱりダムの無い川、水が澄んでて良いですね!!
カヤック漕ぐ方からしたら、富田川は迫力には欠けるかもしれませんけどね。。
Posted by がしら at 2013年10月02日 23:22
>がしらくん
お久しぶり〜
元気にしてる?

勝手にがしらくんの庭で遊ばせてもらいました。
この吊り橋の下の風景って最高ですね!!!
初めて漕いだ富田川、楽しかったですよ。
edamasくんは、ちょっと疲れてたけどね(笑)
Posted by 半田 株男 at 2013年10月03日 01:37
こん**は

 あっという間に沈して、沈したと気づいた時は水中でした。

 冷静に教本を元にイメージトレーニングした通りにパドルを手放さずに縁を掴んで前転の要領で脱出できました。

 浮かんだ後、足が届かない程の深み居た事のほうが怖かったです。

 どうせ何時かは沈するだろうと思っていたのでいい経験になりました。
Posted by edamas at 2013年10月03日 20:57
>edamasくん
お疲れでした〜
もう少し水量があれば良かったのですが・・・

さて、カヤックどうします?
ファルトを探すか?
ポリ艇にするか?
Posted by 半田 株男 at 2013年10月03日 22:34
>彼の船はインフレータブル(空気を入れて膨らませる船)。
>破ける心配が付きまといます。

 カヤックの翌週に船底を丹念に調べていくと、船尾に2箇所穴が開いてました。

 英語のリペアキットの取り扱い説明書を訳しながら修理しました。

ヤフオクでフジタかモンベルのファルトの出物を待っています。
Posted by edamas at 2013年10月15日 21:21
>edamasくん
あら〜
穴、開いてましたか。

そっちへ行きますか?
どうせなら、ポリ艇+車にキャリアとかは?
でも、ファルトの魅力もあるよねェ。

いずれにしても、完全にカヤックの世界に引きずり込んでしまったなァ(笑)
Posted by 半田 株男 at 2013年10月17日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック