2019年02月17日

電気柵を直してます

A8CD9175-9E67-42A5-91F1-F131899B217E.jpg

借りている農地の電気柵を直してます。
私が借りる前に借りていた方が設置したものなんですけど、だんだん傷んできていまして、昨年の台風21号・24号でダメ押しをされました。
何とかお米の収穫までそのままで持たせて、収穫と同時に電気を切っていました。
すると、もう鹿さんやイノシシさんの遊び場と化しております。

BB230010-4FBC-4AB0-BD09-C648BBC51D2B.jpg

赤矢印は全部鹿さんの足跡。
まあ、田んぼ全体がこんな感じです。

ところがこの作業が、なかなか進まない(T_T)
1月の初めの頃から、ボチボチやってますけどまだ終わらない・・・
2月末からは、お彼岸用のシキミ作りを始めなければならないので、なんとか早く終わらせなくちゃ!
頑張ります^_^

posted by 半田 株男 at 01:09| 和歌山 ☁| Comment(2) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
半田さん、こんばんは。

電柵って効果あるのですね!
まじないみたいなものかと思っていました(笑)

もっと強力にしてボタン鍋やジビエ料理を
出来るレストラン希望です♪
Posted by ぜいろく at 2019年02月18日 20:00
>ぜいろくさん
もうね、電気柵が無いと何も収穫できませんよ!
マジで!!!
猪や鹿は頑丈な柵を作れば何とかなりますが、猿だけはこれでないと防ぐ事ができません。
設置の手間・費用・効果を考えると、これが一番ですね。

強力にして、触るとご臨終くらいに?(笑)
今でも、自分が触ると
「オワァッ!!!」
って叫ぶくらいなのに、そんなんしたら人間様までオダブツですやん(笑)
あ、ちなみに
「オワァッ!」
とはなりますが、人体にも動物にも害は与えません。
ただビリッと来るだけ。
電圧だけ高くしたものを、パルスで送っているので害は無し。
以前人が亡くなった事件は、自作の機械で、電圧は上げるし電流はそのままで、しかもパルスでは無く流しっぱなしなので、握ると筋肉が動かなくなって手が離せず感電したままになるという、無茶苦茶な状態だったようです。
ぜいろくさんなら、よくご存じとは思いますが、知らない方が読んで誤解されるとこまるので・・・
蛇足でした^_^
Posted by 半田株男 at 2019年02月19日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。