2008年03月01日

みなべ町、鶴の湯温泉へ

営業が仕事の半田ですが、1月2月と営業成績は超氷河期に突入!
もがけどもがけど結果は出ず・・・(T_T)
たまるのはストレスばかりでございます。

こんな時こそ、温泉でストレスを洗い流そう!と、地図を出してきました。
今日は嫁さんが仕事のため、家事をしていたら出発は2時頃の予定。
という事は、片道1時間程度が行動の限界か?
で、条件にあう今まで行った事が無い温泉という事で、みなべ町にある「鶴の湯温泉」に決定!

場所はここ
turunoyu2.JPG

途中、写真を写しながら、の〜んびりと走って行きました。

20.3.1onsen1.JPG
行き先はみなべ町。
有名すぎるほどの梅の産地でございます。
道中、ず〜っと梅の花ばっかり!
よくこれだけ梅を作ってるなァ!と、梅を作っている本人がビックリするほど梅だらけです。
これだけ有れば、生産過剰で値崩れをおこすはずですわ〜

国道424号線を進むと、鶴の湯の看板を発見。
看板に従って進むけど、梅ばっかり。
こんな所に温泉があるんかなァ???
と、疑い始めたところで・・・

20.3.1onsen2.JPG
梅畑の中に突然大きな温泉宿が出現します。

この温泉、入ってみてビックリ!
何と、お湯が黄色なんです!!!

turunoyu.jpg
たくさんの入浴客がいるので、お風呂の撮影はできず。
鶴の湯さんのホームページより拝借しました。

少しぬるめのお湯がメチャメチャ気持ちいいです!
これで入浴料500円は安いっ!!!
溜まったストレスをノ〜ンビリと洗い流しました。
あまりにのんびりし過ぎ、お風呂を出て時計を見ると、すでに4時半を過ぎています!
汗が引くのを待って温泉を出発。
帰りは写真も撮らず真っ直ぐに家へ帰りました。
近くて気持ちのいい温泉がまた1つ増えました。
posted by 半田 株男 at 21:13| 和歌山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そちらは温泉が豊富ですね〜
それも、良いところが多くて羨ましい限りです。

南高梅は実がたっぷりで美味しいですね。でも生産過剰なんですか〜

ノルマのある仕事も、自然相手の仕事も大変ですね。

Posted by cubdego at 2008年03月02日 17:17
新しい温泉場でGoodな場所を開拓しましたね。
今はちょうど18きっぷの季節だから電車で行こうかな?

今日は天気も良かったので、負けじと新しい温泉場を開拓しに行きました。
場所は吉野から東にある津風呂湖温泉です。
入浴料700円なのに建物は貧乏臭い老朽化した鉄筋コンクリートで風呂場も狭くて小さいです。
私の感想はもう一度行く必要が無い温泉でした。
Posted by edamas at 2008年03月02日 19:03
cubdegoさん
南高梅は完全に生産過剰みたいですよ〜
何しろ健康食ブームで梅干が売れるって、梅の値段が高い時期に、一気に梅の木を植えました。
機械ではないので当然、植えてすぐに生産量は増えません。木が生長する必要があります。
何しろ当時は梅がバブル状態でしたから、植えればもうかるっていう感じで、山を造成してまで植えていました。
バブルは当然はじけます。
そうやって一気に植えた木が生長すれば、毎年生産量は増えます。でも需要は横ばい。
当然値崩れという方程式ですわ〜。

まあ、何にしろメシを食べていくっていうのは、楽ではないという事ですねェ。
頑張りますわ〜v(^_^)
Posted by 半田 株男 at 2008年03月02日 22:36
edamasくん
そういえば、私がedamasくんのご近所だった頃、よく地図を広げては
「あっ!ここに温泉マークが有る!明日はここへ行こう!」
と、二人で温泉ツーリングに出掛けましたなァ。

津風呂湖温泉、あきませんでしたか(笑)
まあ、それも話しのネタ作りという事で・・・

青春18きっぷを買ったら、鶴の湯へ行ってみますか?
また紀伊田辺か南部へ迎えに行きまっせ〜
ご連絡下さいませ。
Posted by 半田 株男 at 2008年03月02日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック