2013年11月03日

川湯でキャンプ

昨日から、川湯にある木魂の郷キャンプ場で、いつものお仲間とキャンプをしてきました。
1103kyamp1.jpg

1103kyamp3.jpg
いつものように、いつものスタイルで楽しみました。

ちょっとショックだったのが、今年からキャンプ場で薪の販売が無くなったって事。
せっかくのキャンプやのに、焚火ができないって・・・

1103kyamp.jpg
で、色々寄せ集めで、ちょっとした焚火。
こうなると、焚火大好きな私の血が騒ぎます。
お酒を飲みながら、ちょっとイジッて、飲んでちょっとイジッて・・・(笑)
小さな焚火ですけど、なかなか楽しませてもらいました。

一夜明けた今朝、さて、朝ご飯を食べようとしたら、ポツポツと雨が。
もう、朝ご飯中止!
慌てて撤収して、そのまま帰路につく事にしました。
帰宅時間、9時過ぎ(笑)

さて今回、だいさんの愛車にセローが加わったという事で、楽しみにしていました。
何を楽しみにって、いつも大量の荷物と共に登場するだいさんが、どんなスタイルで登場するのか?
renさんのようにコンパクトパッキングスタイルか?
それとも、250ccオフロードに、無理やり過積載なのか?

1103kyamp7.jpg

1103kyamp8.jpg
さすが過積載の大御所!(失礼)
よく、これだけの荷物をキッチリ積んではるな〜
なんだか、セローの
「助けてくれ〜
 もう、ムリやって〜!!!」
って声が聞こえる気がする・・・(笑)

今回もお世話になった皆様、ありがとうございました。
次は笠置で忘年会かな?
またよろしくお願いします。
posted by 半田 株男 at 13:37| 和歌山 | Comment(10) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

川湯キャンプ

今日は、川湯温泉の木魂の郷でキャンプです。
いつもの仲間と、楽しく飲んでいます。

posted by 半田 株男 at 20:44| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

そう言われれば・・・

珍しく、写真の無い四方山話です。

先日のキャンプでの事
朝ご飯の片づけをしに、洗い場へ行ったときに、私たちのすぐ近くでテントを張っていた方に話しかけられました。
その方もバイク乗りだそうで、キャンプツーリングを始めようかと思っているそうでした。

「あの〜ちょっといいですか?
 昨日から、気になって、ちょっと聞いてみたくて・・・」
何かなァ?と思ったら、
「あなたがたって、どういう集まりなんですか?」
だそうです。
どうりで前日から、こちらを見ているな〜とは思っていました。
「私が来たときに、1つだけテントが張ってあって、MR−Sがありました。
 珍しいな〜と思っていたら、アフリカツインとスカイウェイブが来て。
 あれ?と思っていたら、次に来たのは軽の箱バン。しかも、子供連れの女性の方。
 もうこの状況で、はあ???って・・・
 一体どういう仲間なんや?って疑問に思い始めていたら、次に集団で来たのがVTZとシェルパとカブ。
 もう、疑問だらけで・・・」
ああ〜、そういう事ね!と、どういうお仲間か説明しました。
「やっと納得しました。
 だって、その後もCBR600が来るし、朝になって気が付けば、赤いカブも来ている。
 張ってあるテントは、それぞれ1人用で、しかもツーリングテントもあれば山岳テントもある。
 宴会をしているのを見れば、いつも会っているみたいな雰囲気で、すごく楽しそうで。
 でも、ナンバーは大阪、京都、和歌山、三河、福島!!!
 ビックリと疑問だらけでしたよ。
 もう、気になって気になって、失礼かと思ったのですが、声をかけさせてもらいました。」
このお仲間とキャンプをしていると、時々こちらを観察している人がいるな〜とは思っていました。
たぶん、この方と同じように、不思議に感じていたんでしょうかね?
言われてみれば、確かに変な集まりかもなァ。
私にとっては、最高に楽しい集まりです。
posted by 半田 株男 at 11:58| 和歌山 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

志津原キャンプ(往路のドタバタ編)

10月12日、いつもの仲間とキャンプに行って来ました。
「一緒に山の峠道を超えましょう」
というお誘いで、木之本のスーパーで9時〜9時半の間で待ち合わせでした。
自宅を5時前に出発。
ナビの到着予定時刻は8時50分くらいを表示しています。
順調に走って、有田から阪和高速に乗りました。
快調〜に走っていると、ふと胸ポケットが寂しい事に気が付きました。
そこにはいつもスマホが入っています。
下駄箱の上にスマホ置き忘れた〜!!!
当然、引き返す訳にはいきません。
ナビの到着予定は相変わらず8時50分くらい。
「うん、余裕余裕。このまま走ってみんなと合流すれば、な〜んにも問題なし!」
ところが、吹田手前で渋滞。京都手前で渋滞。京都を過ぎてもまだ渋滞。
到着予定は、すでに9時半を表示しています。
「ヤバイ!!!何の連絡も無く遅れたら、みんな心配するよなァ。」
とりあえず、自宅の母(70歳)に電話して、何とかrenさんに連絡を取る事にしました。
「まあ、10分もあれば出来るやろ!」
大津SAに入って、公衆電話から母に電話。

私「スマホの左横の上のほうに電源ボタン有るやろ?」
母「え〜?下のほうにやったら、何かあるけど・・・」
私「下?下って???・・・あ!上下逆〜」
母「ああ、なんか画面ついた!」
私「で、画面の点を俺が言うようになぞって!」
母「え〜?触っても、ちょっと色が変わるだけで、何にもかわらんで〜」
私「画面、なぞってる?画面から指を離さずになぞるんやで!」
母「ああ〜、なるほど!出来た出来た。あれ、画面消えたで〜」
私「スマホの上のほう持ってるのと違うん?電源ボタン押したら、切れるで!」
母「ああ〜、ついたついた!でもよ〜初めのなぞる画面になったで〜」

こういうやり取りが延々と続きます。
電話帳を開いて、たくさん登録している中から、renさんを検索して電話番号を読んでもらうのは、難しいと判断。
メールを開いて、返信にして、
「スマホ忘れた。遅れます。キャンプ場へ行きます。」
くらいを送信するなら出来るだろうと思いました。
が、かなり困難な事を要求していたみたいです。
いくら説明しても、なかなか先に進まない。
画面にタッチするのに慣れて無いから、横を押しまくって先に進まない。
しょっちゅう電源ボタンを押して、画面が消える。
等々・・・・・

作戦変更!renさんからのメールには、携帯番号も書いてくれていたのを思い出しました。
メールは開けたので、メールを開いてrenさんの名前周辺に書いてある内容を読んでもらいました。
これでようやくrenさんの携帯番号がわかった!
ここまでに使った時間は40分〜50分。
もう、完全に遅刻です。
私は、直接キャンプ場を目指すことにしました。

北陸道をもう少し先に進み、武生で降りました。
事前に調べたら、この辺りで「ボルガライス」という食べ物が名物らしい。

1014tu1.jpg
これが「ボルガライス」らしい。
オムライスの上にトンカツが乗って、デミグラスソースがかかっています。
オムライスの中も、ケチャップ味ではなく、デミグラスソースで味付けされていました。
まあ、見た目通りの味でした。
そんなにビックリするほど美味くもなく、まあ、こんなんなんや〜って感じ。

まだ時間があるから、ちょっと寄り道。

1014tu2.jpg
タケフ ナイフビレッジです。
打ち刃物が名産だそうで、製造直売で刃物を展示販売しています。
で、色々見ている間に、ついつい・・・

1014tu8.jpg
キャンプ用に、刃渡り12cmのステンレス製ナイフを衝動買いしてしまった。
積層構造になっているので、綺麗な模様が出ています。
1本1本手作りなので、刃の模様は全て違うそうです。
お値段4000円也。
怖いくらい、メッチャ切れます。
ええ買い物した。

キャンプ編に続く・・・
posted by 半田 株男 at 21:36| 和歌山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

志津原キャンプ場(福井県)より無事帰着

1013kyanpu1.JPG

福井県にある志津原キャンプ場で、いつものお仲間とキャンプをして来ました。
もちろん、スカイウェイブで。
スマホを自宅に忘れるというトラブルはありましたが、その他は特に大きなトラブルもなく、楽しく遊んできました。
スマホがいかに大切か、身にしみました(笑)
詳しくはまた後日。

お世話になった皆様、ありがとうございました。
また、次回もよろしくお願いします。
posted by 半田 株男 at 23:30| 和歌山 | Comment(4) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

キャンプの準備

先日、edamasくんと行ったリバーツーリングで、今年のカヤックシーズンも終わりかな〜と・・・
そうなると、私にとってのキャンプシーズンInって事になります。
お仲間の皆様は、東北へ遠征とかされていましたけど、和歌山から出発する250ccスクーターの私には遠すぎます。
と言う訳で、来週、今シーズン初キャンプにお出かけする予定です。
詳細はいつものように、renさんのブログで案内してくれています。

大阪近辺の方々は、集合して峠越えを楽しまれるようですが、和歌山からはちょっと遠い!
スカブでキャンプ場へ直行する予定です。

1006kyamp1.jpg
という訳で、今日はとりあえずスカイウェイブの洗車から。

1006kyamp2.jpg
ナビとETCも装備!
来週が楽しみやなァ〜
posted by 半田 株男 at 19:46| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

兵庫県ハチ北でキャンプ

6月15日、朝6時42分、renさんよりメール着信
「現在地   亀岡です・・・」
えっ?何時に出発してるねん!
私は、7時半〜8時くらいに出発したらエエわ〜
くらいの計画だったので、6時半に目覚ましをならし、うつらうつらしていました。
結局、「出発します」メールを送ったのは予定通りの8時でした。

途中、新しく導入したナビの言う通りに走ったら、なぜか湾岸へ誘導されます。
まあ、言われたとおり素直に行こうかと思ったら、尼崎末広で下ろされて宝塚まで下道で走らされた。
ここでかなり時間をとられたように思います。
帰りも、同じルートを案内するので、無視したら、なぜかひたすら阪神高速へと誘導したがります。
このナビ、阪神高速優先回路とか入ってるか?

という訳で、キャンプ場到着は3時になってしまいました。
走っている途中から雨は本降りでした。
宴会どうするかな?って思っていたら、renさんのメールで
「炊事棟確保!」
ってどうなってるんやろ?と思いつつ、現場に到着

0616hati1.jpg
ナルホド!こうなっていました。
この季節のこの天候、他にキャンプ客など居るはずもなく、完全貸切状態だからこその技です。
昼頃から宴会モードに入っている方々はエエ感じになっておられました。
そんなこんなで、いつものように宴会突入。
美味しいお酒をいただいて、肴も色々いただいて・・・

0616hati2.jpg
やっぱり火も燃やして・・・(笑)
そうそう、わすれてはいけません、カラオケ大会楽しかった。
ともにゃんさん、最高!

1夜明け、今朝はキャンプ場を8時に出発。
まあ、この時間だと何の施設も開いているはずも無く、寄り道せずに帰宅しました。
高速ばかりで帰るのも楽しくないので、中国自動車道へ出るまでR427で下道を楽しみました。

0616hati3.jpg
この国道、こんな直線もあれば適度なカーブもあり、さらに交通量も少ないと、なかなか楽しめました。

今回もお世話になった皆様、楽しいキャンプありがとうございました。
また遊んでくださいませ。
posted by 半田 株男 at 20:28| 和歌山 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

片道10kmちょっとのキャンプツーリング

edamasくんが、
「半田さ〜ん、連休後半って時間無いですか?
 キャンプしたいんやけど〜・・・・・」

0504hrk1.jpg
って訳で、知り合いのキャンプ場HRKさんでキャンプをする事になりました。
このキャンプ場って、めっちゃ近くにあります。
私の家から片道10kmと少し。
それでも、わざわざスカイウェイブで出掛けました。
次回キャンプにそなえ、積載方法のチェックというのは言い訳で、ただ乗りたかっただけ(笑)
3時前に到着。
いつものように耐久宴会です。

0504hrk2.jpg
今回も大活躍のB6くん。
タチウオのみりん干し・焼き鳥・ウインナー・熊野牛のホルモン等

0504hrk3.jpg
今回初登場、コールマン ルミエールランタンです。
キャンガスでこの雰囲気。
はっきり言って明るくは無いですが、雰囲気はエエですねェ。
「じゃあオイルランタンでも良かったんと違うん」
って突っ込みは無しって事で・・・
だって、欲しかったんやもん!

0504hrk4.jpg
そんなこんなで、焚き火にあたりながら22時頃まで宴会をして撃沈。

2日目の今日は、edamasくんが貸して欲しい別冊モーターサイクリストのバックナンバーが有るという事で、キャンプ場を撤収した後、私の家まで来て3冊お持ち帰りしていきました。
F800GSがあるのに、もう浮気か?(笑)
posted by 半田 株男 at 20:32| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

川湯キャンプ顛末記

先週、26日〜27日は川湯でキャンプの予定でした。
朝10時頃、軽トラにキャンプ道具を積み込んで、いそいそとキャンプ場に向けて出発!
外気温4℃程度。雪がチラチラと降っています。
まあ、こんな程度ならスタッドレスも付けてるし、大丈夫やろ!
と、思っておりました。ところが・・・・・
R311を川湯に向けて走っていくと、どんどん雪が激しくなっていきます。
高度があがると、だんだん雪景色になり、道端の雪が増え、ついには道路全体が真っ白になってきました。

0202yuki1.jpg
R311の最高地点「小広峠」の近くではこんな状態。
写真右側の軽トラは、完全に動けなくなっています。
ノーマルタイヤだと、ここから先には進めません。
写真には写っていませんが、私の軽トラの後ろには10台近い車が立ち往生していました。
私の軽トラも、多少お尻を左右に振りながらここまで進んできました。
この時点で外気温は−2℃。
雪はどんどん降っています。
このまま降り続いて夜に冷え込めば、最悪翌朝はこの峠を越えられないかもわからないと判断。
翌日の12時から、息子の行っている高校で3者面談があるので、無理にキャンプに行くのは止めにしました。
キャンプ仲間に、現状を知らせるメールを送った後、Uターンして来た道を帰りました。

でも、自宅へと帰っている途中、やっぱり焚き火はしたいなァと思い、edamasくんに、
「うちの囲炉裏小屋で宴会しようよ!」
とメールを送りました。
edamasくんも、川湯へ行くつもりでいてくれたので、喜んで遊びに来てくれました。

0202yuki2.jpg
26日(土)の夕方から、うちの倉庫の横に作ってある囲炉裏小屋で、2人だけの宴会スタート!
やっぱり焚き火はエエですわ〜
こうして、キャンプ仲間の皆さんが楽しい宴会をしている同時刻に、私は囲炉裏小屋で遊んでおりました。
まあ、これはこれで楽しかったから、十分満足でございます。
お付き合いしてくれたedamasくん、ありがと〜
posted by 半田 株男 at 01:19| 和歌山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

ポチッと・・・

1208rantan1.jpg
先日の笠置忘年会キャンプの時、だいさんがこれを持っておられました。
コールマン ルミエール ランタンです。
私がいつも調理用に使っている、キャンプ用ガスカートリッジがそのまま使えます。
雪丘のオイルらんたんの火も似た感じですが、前から、もうちょっと明るかったらエエのにと思っていました。
ユラユラと揺れる炎がたまりません。
早く実戦投入したいなァ。
posted by 半田 株男 at 20:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

12月恒例・笠置忘年会キャンプ

フジタカヌーで1時間近く居たので、キャンプ場に入ったのは3時を過ぎていました。
すでにたくさんの方が到着して、宴会の準備をしてくれていました。

いつもは、個々が料理をするスタイルですが、忘年会は鍋が定番です。

1202kasagi1.JPG
まずは粕汁。
ツーリングで冷えた体が温まります。

1202kasagi4.JPG
お待ちかねの牡丹鍋。
肉は少し歯ごたえがありますが、味があって美味しいです。

写真を撮り忘れましたがカニの鍋や、牡蠣もありました。
食べ過ぎて、お腹がパンパンになりました。

1202kasagi2.JPG
お腹が膨らんだ後は、火を囲んでワイワイと、楽しい時間をすごしました。

1202kasagi5.JPG
一夜明けて、今朝の朝ごはん。
昨夜のカニのだしがメッチャ出た鍋で作ったカニ雑炊。
めちゃくちゃ旨い!

この仲間とのキャンプ、美味しい楽しいのはエエのですが、色々と物欲を刺激されるのが難点(笑)
今回刺激されたのが・・・

1202kasagi6.JPG
焚き火台。
これで焚き火したら楽しいやろなァ。

1202kasagi3.JPG
それと、だいさんが持っていたこのランタン。
普通のキャンプ用ガスで、ゆらゆらとしたこの火が楽しめる。
雪丘のオイルランタンもエエけど、これ、エエなァ〜〜〜

今回もお世話になった皆様、ありがとうございました。
特に、食材の準備から調理まで、お世話になったJUNさん、ホンマにありがとうございました。
次は川湯らしいですね。
また、楽しみましょう。
お疲れ様でした〜 (^_^)v
posted by 半田 株男 at 22:14| 和歌山 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

キャンプシーズン突入!(コンプレッションバッグ買いました)

さあ、ボチボチキャンプシーズンの到来です!(ワクワク)
今シーズンは、高速を走れるスカブを導入したから、今までとちょっと違う楽しみも出来るかも?

さて、シーズン直前の時期にコンプレッションバッグ(圧縮袋)を買いました。
私が今、使っているシュラフ(寝袋)はたったの2枚。
夏用のモンベル ダウンハガー #7
冬用のモンベル スーパーストレッチ バロウバッグ #3
今の仲間に出会って、キャンプツーリングに引きずり込まれるさそってもらううまでは、キャンプなどした事がありませんでした。
でも、道具が無いとキャンプは出来ません。
少ない小遣いから、その時に最低必要な物をとりあえずそろえ、順番にグレードアップしてきました。
なので、本来、寒い時に使うかさばる冬用をダウンにして、汗をかく夏用は手入れが楽な化繊綿にするのが理想なのに、その逆になっています。
キャンプシーズンの寒い時期ほど、当然荷物がかさばります。
ダウンに買い換えればエエのですが、スーパー スパイラルダウンハガー #3なんて、2万円以上しますから、そのお金があれば、もっと違う物が買えるし・・・

そこで、コンプレッションバッグで、無理やり小さくしてしまえ作戦!
何しろバッグはダウンハガーの1/10で変えてしまう。

0930bag1.jpg
こちらが冬用寝袋。これをコンプレッションバッグに入れて、圧縮紐をギュッと引くと・・・・・

0930bag2.jpg
あれ?そんなに圧縮していないのに、これ以上引けないところまで来ました。
測ってみると、シュラフの直径が170mm
圧縮した(はず)の現状の直径が155mm・・・・・・・
おいっ!俺は、15mmに2000円払ったのか?(怒)

そう言えばネットで、コンプレッションバッグの商品説明を読んでいたら、
「衣類なども一緒に入れて圧縮・・・」
とか、書いていたなァと思い出し、いつもキャンプに持って行く衣類を入れてみました。

0930bag3.jpg
肌着、パンツ、靴下、ヒートテック上下、フェイスタオル2枚。
だいたいこんなもんです。
これを入れて、直径155mmやったら、納得なんやけど・・・・・

0930bag4.jpg
いけましたっ!
うん、これやったら納得ですわ!
これで少しは荷造りが楽になるとおもいます。


posted by 半田 株男 at 13:38| 和歌山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

琵琶湖岸の朝


おはようございます。
萩の浜の朝、気持ちエエです。
さて、今日は何をしようかな?
posted by 半田 株男 at 07:27| 和歌山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

琵琶湖でカヤック



無事に琵琶湖でカヤックツーリングを楽しみました。
ほんの少し雨に降られた程度で、大して暑い事もなく、ちょうどエエ天気でした。

これからキャンプ場へ行くのですが、場所を変更します。
どうやら、山の中は雨みたいなので、琵琶湖沿いの「萩キャンプ場」へ行きます。
温泉にも入ったし、さあ飲むぞ!!
posted by 半田 株男 at 18:45| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

カヤックツーリング&キャンプの準備

0902junbi1.JPG
来週の土曜日(9月8日)は、琵琶湖でカヤックツーリングです。
日本で唯一、湖に浮かぶ島で人が住んでいる「沖島」へ渡る予定です。
当日は、朝5時半には出発予定なので、今日は荷物をいつものボックスへ詰め込みました。
カヤックを持って行くので、もちろんバイクでは無く軽トラで行くのですが、それでもいつものFRP製ボックスを持っていきます。
テーブルもこの箱の大きさに合わせて作っているし、なんやかやとこれが便利です。

8日の夜は、朽木の川原のキャンプ場でお泊りします。
何か、琵琶湖の美味しいものでも食べれたらエエな。
posted by 半田 株男 at 23:17| 和歌山 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

カヤックツーリング&キャンプの告知


618biwako1.JPG
9月8日、カヤックツーリング&キャンプで遊びます。
上の写真は、2年前のカヤックツーリング&キャンプで朽木の川原キャンプ場でのキャンプ風景。

カヤックを漕ぐ方は、琵琶湖大橋西詰めの道の駅に11時集合です。
沖島へ、の〜んびりツーリングした後、キャンプ場へ移動します。
夜は朽木の川原キャンプ場で宴会です。

0831kyanpu1.JPG
だいたいの場所はこの辺り。
「山水」という蕎麦屋さんの横を川原へと入っていきます。

参加予定はいまのところ、としさん、edamasくん、半田です。
としさんは、宴会の途中で帰られる予定です。
キャンプだけでも一緒に楽しみませんか?
いつものように、参加の方は、自己完結できるオトナの方限定でお願いします。

posted by 半田 株男 at 23:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

B6くんのお手入れ

ちょうど1ヶ月前に三重県の青山高原へキャンプに行きました。
その時に使った道具類の後片付けは終わっているのですが、唯一「B6くん」だけはそのままになっていました。
伊賀牛を焼いた油がコッテリついていたので、火で焼いて掃除する事にしました。

0621kataduke1.JPG
今までこういうトーチは持っていなかったので、ホームセンターで買って来ました。
本体を組み立てて、マッチンさんから頂いた焼き網を炙っていると、熱でひずんでだんだんと変形していきます。
ちょっと心配になりましたけど、全体を炙れば問題のない程度のひずみにおさまりました。

基本的に、家の片付けってきらいなんですが、こういう片付けは楽しいです。
あの肉、旨かったよなァ・・・
とか、
次のキャンプでは何を焼いて食べようかな?
なんて考えながら作業をしていると、自然と顔がにやけています。
さて、次のキャンプはいつかなァ?
うまく時間があえば、edamasくんを呼んで、川下りキャンプをやりたいんですけどね。
posted by 半田 株男 at 17:58| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

青山高原でキャンプ

19日・20日と、お友達の忍者さんご夫婦とキャンプに行ってきました。
キャンプの場所は青山高原。
寄り道をしつつキャンプ場を目指します。

0520aoyama1.JPG
途中、伊賀の造り酒屋「若戎」さんで今夜のお酒を調達。
純米若戎の白ラベルをチョイス。

0520aoyama2.JPG
キャンプ場はこちら、青山ハーモニィフォレスト。」
キャンプサイトがちょっと斜めなのには困りましたが、いいキャンプ場でした。

0520aoyama3.JPG
せっかく伊賀に来たので「伊賀牛」を焼いてたべました。
美味しかった〜

0520aoyama4.JPG
2日目、信楽でお買い物です。

二日間、助手席で座っているだけで、ずいぶん楽をさせてもらいました。
バイクでキャンプツーリングもエエけど、こういうのも楽しいですね。


posted by 半田 株男 at 00:26| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

キャンプに行って来ます

image/2012-05-19T10:29:20-1.jpg
岸和田SAでございます。
今日は、忍者さんご夫婦と、青山高原でキャンプです。
忍パパのFITシャトル(写真下の黒い車)に乗せて頂いて、お出かけです。
いつもバイクなので、たまには楽でエエですねェ。
posted by 半田 株男 at 10:41| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

テントをお片づけ

0505tento1.JPG
ようやく昨日、テントを片付けました。
グランドシートとタープは物干し竿へ。
テント本体は、こうしてガレージで風を通しながら、お掃除です。
しばらくこのままで、風を通しておくか!
って言うのは、絶対にやってはいけません。
以前、ちょっと目を離した隙に、風でテントが吹っ飛んでいました(笑えない・・・)
という訳で(言い訳)テントの中で、ちょっとだけウトウトとお昼寝を・・・。

0505tento2.JPG
ペグを洗っていたら、先端がかなり潰れていました。
ヤスリを持って来て、こんな感じに尖らせておきました。

次は5月19日20日に忍者さん夫婦とキャンプに行く予定です。
たぶん、青山高原周辺へ。
posted by 半田 株男 at 09:20| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする