2010年08月15日

キャブ調整

昨年末に組んだMDC90。
走っていると、
「ちょっとキャブが濃い目かなァ???」
と思いつつ、
「まあエエか〜、問題無く走ってるし」
と、そのままにしていました。

815md1.JPG
お盆休みで時間も有るし、ちょっとイジってみる事にしました。
キャブのニードルジェットのクリップを1段上にあげました。
次に、キャブのエアスクリューの調整もしました。
試運転してみると、これでなかなかエエ感じになり、気持ちよくはしれました。
もっと早くやっておけばよかったのに・・・・・

815md2.JPG
ついでに、サイドカバーに「ゆ」マークを貼り付けてみました。

このステッカー、最近知り合いになった看板屋さんが作ってくれました。
バイクやキャンプなんかの事を色々話している間に、ステッカーの話になりました。
「そんなんやったら、簡単な作業やから、作ってあげましょうか?」
って、言って

815md3.JPG
こんなに作ってくれました。
お手数かけたので、代金を払うと言ったのですけど、
「登録商標だったりすると、代金をもらったらアウトなので、いりませんよ〜」
って、どうしても受け取ってくれません。
悪いなァ・・・・・
posted by 半田 株男 at 22:44| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

MDC90のCDI交換

私のMD、エンジンはC90(カブ90cc)の物に交換したんですが、CDIはMD50のままで走っておりました。
先日から、JUNさんとメールをする中で、
やっぱりCDIも交換したほうがエエのんかしら?
という気になり、試しに交換してみる事にしました。

722MD1.jpg
これがCDI
上がMDのんで、下がC90のです。
MDからノーマルCDIを取り外して、カプラーを見比べてみると・・・

722MD2.jpg
この赤いのがMD。
カプラーまで赤です(笑)

722MD3.jpg
こちらがC90

形は全く同じですが、出ている爪の数が違います。
上段中央の爪が、MDには有ってC90には無い。
とりあえず、繋いでみてエンジンをかけると、問題なく始動!
ギアを入れて走っても、何も問題なく走ります。
乗り比べると、C90用のほうが、ちょっとだけパワフルな気がします。
問題なく動くのなら、とりあえずエンジンに合った物を付けて置くのがエエでしょう!

それよりも、冬には感じなかったのですが、どうもエンジンの吹けが悪い・・・
プラグを外してみても、けっこう黒くなっています。
どうやら、少しガソリンが濃い感じですね。
ちょっと、キャブの調整をする必要がありそうです。

722MD4.jpg
余談ですが・・・・・
MDのアウスタ製シートにカバーを付けてみました。
バイク屋さんに、MD用のカバーがあったので買ってきました。
アウスタシートにもピッタリ!
黒色のシートよりも、やっぱりこの色のほうがシックリきますねェ。
posted by 半田 株男 at 20:12| 和歌山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

こんなの、仕入れて来ました。

403md.JPG

こんなの、仕入れて来ました〜
MD50です。
車体横のステッカーには、
「MD50・H 90・9」
と書いてありますから、私のMDと同じ年式ですね。
12Vの電装なので、エンジンを積み替えるにはもってこいです!
このMD、JUNさんに依頼されて、知り合いの所から仕入れました。
有る所には有るもんですねェ。
走行1000km未満の倉庫保管車。
年式から考えると、極上車でございます。
私のMDよりもずっとエエ!
きっと、JUNさんにも満足してもらえると思います。
いや〜、良かった良かった。 o(^_^)o
posted by 半田 株男 at 16:52| 和歌山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

MDにグリップヒーター装着!

来週末の12日〜13日と、京都と奈良の県境にある「笠置」へキャンプに行く予定にしています。
いつものキャンプ仲間の方々と、忘年会キャンプなんですが、天気さえ良ければ、やっぱりバイクで行こうと思います。
ハンターカブでは、もう何回も行っているので、今回はMDで行こうかなと・・・
そこで、MDに冬支度をしました。
グリップヒーターとナックルガードを取り付けました。

1206GH4.JPG
ハンドルのグリップに巻きつけているのがグリップヒーター。
この巻きつけた部分が発熱します。
グリップの前に付いている、大きな白いものがナックルガード。
早い話、手の風除けですね。
これが有るのと無いのでは、寒さが全く違います。

1206GH3.JPG
前から見ると、こんな感じ。

さて、グリップヒーターの電源の取り出しです。
キーをONにした時に電流が流れる線から取り出す必要があります。
ハンターカブの場合は、キーボックスの後ろから出ている、黒色のコードから取っていました。
同じメーカーだと、配線の色が同じだと思うので、たぶんMDもキーボックスから黒色の線が出ているやろと見てみると、やっぱり有りました。
テスターを当てて電流を測定すると、キーON12Vを示します。
この配線を、途中でブチ切って、ギボシを作ります。

1206GH1.JPG
赤矢印の所が、配線を切って、新しく作ったギボシ。
此処へ、赤丸の付いた部分を差し込んで、グリップヒーター用の電源を取り出します。
取り付けた後で、試運転しましたが、バッチリ暖かいです。
これで、快適なツーリングが出来ると思います。

この他にも今日取り付けた物が・・・

1206GH2.JPG
フロントバッグとヘッドライトにハロゲン球です。
前のキャリアに黒いカバンが無いと寂しいと思うのは私だけ?(笑)
これで12日は、天気さえ良ければ、寒くてもMDで出撃出来ます!
posted by 半田 株男 at 01:08| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

MDのオイル交換とプチツーリング

MDが普通に走れる状態に出来たので、今日は行きつけのバイク店「まいけるAUTO」へオイル交換に行って来ました。
これでスッキリ爽やか!
せっかくオイルも交換したし、バイク屋さんからの帰り道を少し変えて、プチツーリングを楽しみました。

1118MD.jpg
田辺市内から竜神方面へと向かう県道29号線という、急な上り坂がある道を走ってみました。
先日も同じような事を書きましたが、ハンターカブの4速では登れず、3速で登るような坂道を、3速のままで50km/h〜60km/hくらいで登って行きます。
なかなエエ感じです。
これなら、十分にツーリングに使えます。
では、全開にしてみましょうかと、安全な所で全開!・・・・・・
って、速っ!!!
え〜・・・・・・
速いです。
ハンターカブと同等か、もしかしたら少し速いかも???
C90って、こんなに速かったんや!
重い荷物を積む事が大前提のMDですから、車体の剛性も十分ですし、これはホンマにエエですわ〜
posted by 半田 株男 at 14:32| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

MD50の90cc化計画!スプロケット交換

先日C90エンジンを積み込んだMD50。
チェーンとスプロケットは節約してC90の物を、そのまま流用しようと思ったのですが、チェーンの1箇所が完全に固着しているらしく、使えませんでした。
どうせ、そのうちに交換するつもりだったので、ここで新品に交換します。
先日も書いたのですが、C90のスプロケットは、前が15T、後ろが39Tです。
1度このままをMDに移植して走ってみました。
タイヤのサイズが、C90の17インチからMD50の14インチへと小さくなっているので、当然と言えば当然ですが、ローギアな感じがしました。
そこで・・・・・

1114MD1.jpg
前のスプロケットを15Tから16Tへと大きくしてみました。

1114MD2.jpg
リアタイヤを外したついでに、リアのゴムダンパーを交換。
これは、ハンターカブに使おうと取っていたものですが、まあエエ機会ですので、MDに使ってしまいます。

1114MD3.jpg
で、さっそく試乗に出発!
エエ感じですわ〜 o(^_^)o
60km/hでの巡航が楽々です。
ハンターカブで、4速では登れず、3速全開で60km/hとちょっとくらいで登っていく坂道が有るのですが、ちょうどハンターの3速くらいの感じで走ってくれました。
私としては、この16T+39Tの組み合わせがベストバランスかな?って思います。
さて、後はキャリアとレッグシールドを取り付けて、川湯へと乗っていこうと思います。
posted by 半田 株男 at 19:19| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

MD90・走行テスト

1024MD3.jpg

今週、木曜日にお休みだったので、MDのナンバーを交付してもらって来ました。
これで、堂々と走行テストが出来ます。

もう、先日も90ccのエンジンを載せたと書いたけど、ここであらためて・・・
MDに載せるエンジンを50ccにするか、90ccにするのか、考えていたのですが、やっぱり90ccにしました。
せっかく手に入れたMDなので、ツーリングにも連れ出したいですからね。
息子のバイクは、また来年に悩む事にしました。

さて、90のエンジンを載せただけで、何の手も入れず、とりあえず走ってみました。
ちゃんとエンジンは回りますが、ちょっとパワー不足かな?
それよりも、ギアをローに入れたら、クラッチが繋がって前へ進もうとします。
まずは、クラッチの調整。

やはり、予想どうりに、吸い込む空気の量が不足していると思います。
エアクリーナーボックスの加工をする事にしました。

1024MD1.jpg
これがMDのエアクリーナーボックス。
下に開いている口から空気を吸い込み、右の壁の中を通って上へと導き、上から空気が入って来ます。
90ccのMDは、吸い込んだ空気は、左右に分かれて上へと導かれます。

1024MD2.jpg
50ccのエアクリーナーボックスの吸い込み口の左側には、仕切りがあるので、たぶんこれを取り除いてあげると、必要な空気の量を確保できると思います。
錐やのみなどの大工道具を利用して、上手く外側を傷つけずに穴開け加工をしました。
走ってみると、少しパワーが出たみたいです。

後、問題はスプロケットの選択。
今は、C90のままフロント15T・リア39Tで走っています。
タイヤのサイズが、C90は17インチなのに、MDは14インチ。
当然、タイヤサイズが小さくなったので、フロントを大きくするか、リアを小さくして、バランスをとってあげる必要があります。
結局夕方、バイク屋さんに、F16T・R39Tのスプロケットと、420のチェーンを発注しました。
これで、ツーリングにも行けるようになると思います。
11月、川湯キャンプには、たぶんこのMDで登場すると思います。
posted by 半田 株男 at 18:22| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

MD・エンジン始動!

先日、C90エンジンを積み込んだMD。
今日はいよいよ電装系を繋いで、エンジン始動の予定。

でも、その前に、ハンターカブをちょっと整備します。

1022seibi1.jpg
先日、スピードメーターのワイヤーが切れてしまったので、とりあえず交換。
そう言えば、このワイヤーって、バイクを買ってから交換した事って有ったかな?
そう言えば、フロントブレーキのワイヤーって、変えたかな???
と思い、そう高い部品では無いので、ついでに交換する事にしました。
チョイチョイと2本のワイヤーを交換して、いよいよMDをいじります。

1022seibi2.jpg
C90エンジンから出ているコードと同じ色のコードを、1つ1つカプラーを付けて繋ぎます。
もともとMDから出ているカプラーの残った部分には、絶縁テープで蓋をしておきました。
後は、エアークリーナーにエレメントを入れて、蓋をして・・・
ガソリンをタンクに満タンに入れ、キャブのドレンを開いて、キャブの中に残っている、古いガソリンを出してしまいます。

さあ、いよいよキーをON!
こうやって、自分で組んだバイクの火入れ式はやっぱりドキドキもんです。
数回のキックで「バル〜ン!」と、元気にエンジンがかかりました。
念のため、ヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプ等、電気系統をチェック。
問題なし!
(あっ!もしもこのブログを見て、MDにC90エンジンを載せる方は、お約束ですけど、あくまで自己責任で、お願いしますね)

もともと50ccのMDのエアクリへ、そのまま繋いでいるので、たぶんこのままでは吸い込む空気の量が不足すると思います。
次は、MDのエアクリーナーボックスに、少し加工をしようと思います。
今日MDを登録して、ナンバーも取り付けたので、これで走行テストも出来ます。
11月の川湯キャンプに間に合うかなァ?
posted by 半田 株男 at 20:51| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

MDへC90エンジンを装着!

いよいよ今日は、MDの車体へC90のエンジンを積み込みます。

1017MD1.JPG
はいっ完了!
すいません、例によって、途中経過を写しておりません。
何しろ両手は油でベトベトなので、いちいち手を洗ってカメラを持つのが面倒で・・・・・
ちなみに、私はエンジンを降ろしたり乗せたりする時は、自動車用のパンタジャッキを1つ、エンジンの下に当てて作業をします。
この方法だと、1人で楽に作業ができます。

当然と言えば当然ですが、ほとんどポン付けで装着完了!
マフラーもそのまま、ドンピシャ。
キャブとエアクリーナーを繋ぐパイプもそのままポン付けでOKです。
電装も、C90エンジンから出ているコードの色と同じ色がMDにも有るので、たぶんそのまま繋げば大丈夫だと思うんですけど・・・

1017MD2.JPG
今のところ、1つだけ違う所がありました。
左がMDのキャブレターの上の部分。
右がC90のもの。
MDのアクセルワイヤーは、キャブレターの上の部分と1体になっていました。
どうやら、アクセルワイヤーを交換する時は、キャブレターの部品と同時に交換するらしい。
仕方が無いので、C90からアクセルワイヤーを取り外して、MDへ取り付けました。
これも、長さも取り付けもそのまま流用出来ました。
さあ、もう少しで走れるかな?
posted by 半田 株男 at 19:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

MD50いじり(サイドカバーまで塗れた)

MD50の経過報告です。

1004MD1.JPG
とりあえず、サイドカバーまで塗れました。
サイドカバーは、トヨタのスーパーホワイトという色にしてみました。
いつもの倉庫の中で作業せず、外で塗ったら、ホコリが付いてしまい、数箇所ブツブツが出来てしまった・・・

1004MD2.JPG
タンクも、耐水ペーパーで下地作りを終えました。
後は塗装するだけ。
タンクは、やはり水色に塗ります。

ここまで来て、90ccを積むか、ノーマルの50ccにするのか、また悩み始めました。
息子が、
「とうちゃん、俺、シャリーよりもこっち(MD)のほうがエエかなァ」
って・・・・・
そりゃあ、ハンターとMDでツーリング出来たら嬉しいけど、でもなァ・・・
さて、どないしよう・・・
posted by 半田 株男 at 00:31| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

MDいじり(いよいよ塗装)

さて、いよいよ塗装作業でございます。
と言っても、真ん中から後ろだけなんですけどね〜

このMD、エンジンをMD50のものからC90のものへ積み替えます。
どうせエンジンを降ろすのなら、ついでに後ろ半分を塗装してしまおうと思います。
塗装が終われば、エンジンを積み替え、とりあえず走れるようにしたいと思います。

さて、塗装の手順の第1歩と言えば、下地作りから。
やっぱり、地道に耐水ペーパーでゴシゴシするしかないかな?と思いつつ、カブ仲間で、自動車の整備しの方に聞いてみると
「ええもん有りますよ〜」
と、教えてくれたのが・・・

0923MD1.jpg
こちら、「スコッチブライト」です。
鍋のオコゲをゴシゴシするあれです。
これで擦ると、塗装の弱い所ははがれるし、強いところは適当に下地が荒れて、塗装のくいつきがいいそうです。

さて、今回の塗料ですけど、

0923MD2.jpg
ニッサンのキューブに塗られている、エアブルーという色、色番号はT11です。
この色、市販の缶ぺには無い色なんです。
ソフト99のホームページからネットで注文すると、ちゃんと調合してくれます。
但し、300ml1本が2100円!!!

下地を作る→プラサフを塗る→塗料を塗る→クリアを塗る
お昼前から始めて、夕方の4時頃までたっぷり時間がかかりました。
出来上がりはこんなんです〜

0923MD5.jpg
シルバーと水色の中間色という感じです。
こういう感じの色、なぜか市販の缶ペには無いんですよね〜

そうそう、案外と塗料ってたくさん要りますね〜
これだけ塗っただけで、300mlの缶ぺをほとんど使い切ってしまいました。
この調子だと、後2本づつは必要かな?
案外お金がかかってしまうなァ〜 (T_T)
posted by 半田 株男 at 22:37| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

MD50の整備(ちょっとだけ)

バイク屋さんに注文していたMD50用パーツが到着しました。

0712md1.jpg

注文したのは、ハンドルバー・ブレーキワイヤー・ウインカーレンズ・エアークリーナーエレメントです。

0712md2.jpg
今日は、他にも用事があったので、とりあえずブレーキワイヤーを交換。

0712md3.jpg
続いて、割れていたウインカーレンズも交換。
左右のレンズが違い過ぎますなァ!右が汚過ぎです!!!
そう高いパーツでは無いので、右も交換してもええんですが、まあ、とりあえずこのままでいきましょう!
それと、ブレーキランプのレンズも割れていたので交換。
これは、C90と共通部品なので、頂いたC90の物と交換しました。

ハンドル周りは、けっこうサビサビなので、ちょっと時間をかけて、後日にじっくりといじります。
posted by 半田 株男 at 23:31| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする