2007年01月05日

ようやく洗車

今日は、やっとお休みでした。
はあ〜、やれやれ、疲れた・・・
26日に休んでから、今日まで休み無しでした。

四国うどん(激走)ツーリングから帰って以来、忙しかったので、ようやくハンターを洗車しました。

sensya.JPG

日頃、水をかけての掃除はしないのですが、この間は海岸沿いを走ったりしたので、一応水洗いをしました。
こうして掃除をすると、あちこち錆が出ていますね。
一度、徹底的に錆び落しをする必要が有るかな?
う〜ん、面倒くさい・・・
とりあえず、暖かくなってから・・・

ところで、テールランプの球切れがまだ治りません。
何ででしょう???
何回球を交換しても、すぐに切れます。

今日、もう一度バイク屋さんに相談したら、
「もしかしたら、ヘッドライト関係の接触不良が原因かもなァ?スイッチ回りかギボシなどの接続関係を見てみたら?」
と教えてくれました。
次の休みにでもチェックしてみます。
posted by 半田 株男 at 20:30| 和歌山 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

四国へ!うどんツーリング(その3)

うどん屋さん2店目で満腹になった我々は、徳島を目指して、帰路につきました。
そのまま帰るのも勿体無いし、瀬戸大橋のよく見える所で記念写真を写そうという事になり、道の駅「瀬戸大橋記念公園」へ。
例によって、バイクを並べて記念撮影
udon9.JPG

さて、それでは、時間も少し早いけど(本当は、全く早く無かったのだが・・・)帰りますか!と、走り始めました。
来た道を帰るのも面白くないので、帰りは海沿いを走るR11で、徳島を目指します。
ところが・・・
四国をなめておりました・・・
高松に近づいたところで、R11は渋滞!まさか、四国でこんな渋滞に出会うとは!
気持ちが焦るばかりで、全く距離が伸びません。
どう考えても、当初乗る予定だった、4時30分のフェリーには間に合わなくなりました。

「まあ、6時35分のフェリーに乗れたらいいから、のんびり行こう!」
という事になり、ようやく普通に流れ始めたR11を走り始めました。

ところが!
ふと気が付くと空に妙に黒い、怪しい雲が・・・
udon103.JPG

udon101.JPG

「おいおいっ!あれって結構ヤバイ事無い?こっちへ向かって来てるで!」
「ヤバイッ、本降りになったら、走られへんぞォ!」
「とにかく、行ける所まで行こう!走れ〜っ!」
という事で、慌てて走り始めたのですが、人間、体力には限界があります。しかも、渋滞でみんな疲れた直後の事、
無線から
「半田さ〜ん、もうアカン!シンドイ!!!何処かで休もう!」
という声が、聞こえてきました。
ちょうど、道の駅が近くにあったので、そこでちょっと長目の休憩を取る事に。
ところが、道の駅にはいってすぐに、一番恐れていた本降りの雨が落ちて来ました。

ところで、あきさんのエイプと、とっちゃんのゴリラは、かなり改造していて、キャブにはエアクリも何も付いていません。短いファンネルが付いているだけで、吸い込み口は完全にむき出し状態!
当然このまま走ったら、大量に雨を吸い込んで、最悪走れ無くなってしまいます。
みんなで知恵を出し合って考えた結果、すばらしい解決方法を考え付きました!
名付けて「紙コップチューン!」
udon104.JPG
(写真は、あきさんのエイプです)
ファンネルに紙コップをかぶせてガムテープで固定。そして、カッターナイフで、紙コップの下に穴を開け、吸い込み口を作りました。
これで、何とか走れるかな?

これらの作業で結構時間をくってしまい、すでに時間は4時50分!
フェリー出航まで、あと1時間40分!
残りの距離は約50km!
「もうすぐ、暗くなるけど、とにかく無事故で行こう!焦って事故をするのが最悪やから、絶対に事故だけはしないように、焦らずに行こう!」
と、話し合ってスタート。

udon105.JPG
完全な本降り状態の中を、ひたすら徳島港を目指します。

udon102.JPG
ところが、突然ひろしくんのカブが止まってしまいました。
これが、今回のツーリング最大のアクシデントの始まりでした。

どうやら、水を吸い込んでしまったみたい。ガボガボ言って、まともにエンジンが回りません。
ガムテープなどで、水が入りにくいようにして、再スタート。
ところが、またすぐに止まってしまいます。

辺りはすでに真っ暗!
時間はどんどん過ぎていきます。
でも、エンジンはまともに回らない。
雨は、どんどん降っています。

結局、修理して走ってはまた止まりを何回繰り返したか!
幸い、徳島が近づくと雨もあがって、何とかまともにエンジンが回るようになりました。
が、フェリーの出航時間はどんどん迫って来ます。

必死に走って、フェリー乗り場にたどり着いたのは、ちょうど出航時間ジャスト!の6時33分!!!
乗船券売り場の係員の
「とにかく早く乗ってっ!」
という言葉にせきたてられて、フェリーに乗り込みました。
最後の1台が乗ると同時に、入り口が閉じられ、出航!

全員、足も手も濡れてグチョグチョ。
体も冷え切って、ヘロヘロ状態での乗船となりました。

でも、なぜか出てくるのは笑いなんですよね。
「まいったなァ、最悪やん!ギャハハハ。」
「紙コップチューン最高!上手いこといったなァ!あんなんやってるの、俺らだけやでェ!」
「よう考えたら、昼にうどん食べただけで、何にも食べてないやん、腹減ったなァ」
「カップヌードルの自販機やったら有るでェ、また麺になるけど・・・(ニヤニヤ笑い)」
「いやいやっ、もう麺はええって!体中、麺になりそうやわ(大笑い)」
ホンマに懲りない面々です。
でも、故障した人を、攻めるような言葉は全くなし。いい仲間に出会ったなァと、しみじみ思った瞬間でした。

和歌山港に8時30分到着。
夕食を食べて、また夜道をひたすら走って、自宅に帰りついたのが、夜中の12時30分!

今までのツーリングの中で、1番大変なツーリングとなりました。
でも、楽しかったのも確実に1番のツーリングでもありました。

全てを笑いに変えて、愚痴や個人攻撃をしない、素晴らしい仲間に大感謝です。
posted by 半田 株男 at 23:41| 和歌山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

四国へ!・うどんツーリング(その2)

うどんツーリング2日目。

いよいよ四国での本格的なツーリングがスタートします。
天候が一番心配だったのですが、降水確率は30%。
「今は曇ってるけど、30%やったら、絶対大丈夫やで!良かったな〜」
と、お気楽に話しつつホテルを出発!まさかこの日の午後、悲惨なツーリングが待っているとは思いもせずに・・・

徳島からは、吉野川ぞいのR192を西へと走り、途中からR438を北上します。R438で山越えをする時に、少し雨が降りましたが、1件目のうどん屋さんに着く頃には、晴れ間も見えてきました。

さて、1件目のうどん屋さんは、
udon6.JPG
うどん好きの中ではかなり有名な「谷川米穀店」です。
名前の通り、本業はお米屋さんらしいですが、川沿いの道を降りて行った所に、小さな看板で「食堂」とだけ書かれていました。
その他には、看板らしき物は一切無し。私たちも、たまたま店の前の信号で止まったから、人の行列で気が付きましたが、信号で止まらなかったら、絶対にわかりませんでした。
どれくらい行列ができるかというと・・・
udon5.JPG
すごいでしょ!
この後に、まだ少し行列が続いていました。

さて、この店のうどんは、こんなんでした。
udon6.5.JPG
どんぶりに生卵を割りいれて、そこへ茹でた麺をさっと入れるだけで、はいっ!と渡されます。
後は、ネギを入れて、青唐辛子の佃煮を入れ、お醤油をさっとかけるだけ!!!

「えっ!これが、そんなに旨いの?醤油かけるだけやろ〜。いくら旨いって言っても、無理が有るでェ。そんなに旨い訳が無いやん・・・」
と思いつつ、一口ズルズルッと・・・
「う、うまァ〜〜〜イイィィッ!!!何やこの味は!旨すぎるゥ!!!醤油をかけただけやのに、めっちゃ味に旨味が有る。何でやァァ???」
試しに、醤油がかかっていない麺だけをたべてみると、何と、麺だけで十分においしい!ちゃんと麺に味があります。
これは、確かに旨い!一気に完食しました。
これで、うどん2玉+卵でお値段240円!!!
安いっ!

全員大満足で、次なる店を目指して出発します。
次の店は、釜揚げうどんの店、「長田in香の香」です。
途中、またまた雨が降り始め、何と一瞬雹(ひょう)まで降りました。
どうやら、降ったり止んだりの天気みたいです。
udon7.JPG
途中、少しだけ迷いましたが、無事お店に到着!
寒いため、みんなそそくさと店内に急ぎます。

ここのうどんは、こんな感じ
udon8.JPG
写真ではわかりづらいですが、どんぶりには、うどんと茹で汁が入っていて、それをダシにつけて食べます。
谷川で、麺のおいしさに驚いていたので、ここではそれほど驚かなかったのですが、それより何より、このダシの味は絶品!
食べている途中でダシだけを飲んでみましたが、もう、ダシだけで十分においしい!
しかも、ダシは暖かいものと冷たいもの、2種類が用意されています。どちらも、また別の味わいがあって、これがまた、どちらも絶品でございます。
これで、うどん大が350円でした。これまた安い!

この店には、お土産も用意されていたので、生麺を買ってきました。
これは、店で出している麺を切って、そのままお持ち帰りができます。
自宅に帰ってからPCで検索したら、どうやらお取り寄せもできるみたいです。興味の有る方は、検索してみて下さいませ。

初めの計画では、数件をはしごする予定でしたが、全員、この店でお腹が一杯になってしまいました。
予定の時間にはまだ早かった(この時点では早いと思っていた)のですが、みんな満足したので、徳島を目指して出発する事にしました。
R11を走り、途中坂出で瀬戸大橋を見学してから、海沿いにR11を走って徳島に行く事になりました。

さて、ここまではすごく順調で、われら「かぶまにあ」のツーリングらしからぬ順調さでした、が・・・
ここから、たいへんな状況になっていったのでした(T_T)ウルウル

(その3へ続く)
posted by 半田 株男 at 21:28| 和歌山 | Comment(4) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

四国へ!・うどんツーリング(その1)

前回書いたように、四国は香川県まで、いつものカブツーリング仲間「かぶまにあ」のメンバーでうどんを食べに行って来ました!

計画は次のような内容です。
16日(土)の16時に先発隊の5人が出発、和歌山港で後発隊2名と合流、19時30分の徳島行きフェーリーに乗ります。
徳島に21時30分に到着、そのまま徳島のホテルで1泊。
翌朝、8時にホテルを出発、香川県善通寺市周辺を目指します。
10時ごろには到着して、数件のうどん屋さんをはしごし、14時までには徳島を目指して出発。徳島16時30分のフェリーで和歌山港へ

計画では以上の内容でしたが、さて、実際の旅はというと・・・

16日(土)予定通り、先発の5人は16時に出発。和歌山港を目指して、R424を走ります。

udon0.JPG
走り出してからまだ1時間も走っていませんが、途中の道の駅「しらまの里」で休憩&ホワイトダックスのこうちゃん、第1回目の給油!
なにしろ、こうちゃんのダックスは、タンクが2gしか入らないのに、エンジンは怪しげな外国製110cc!!!大変な大食い者です!しかも、輪をかけて、タイヤはワイドホイールに極太タイヤ!
何しろ満タンからの航続距離はわずか50km〜60km!!!
燃費悪すぎっ!(T_T)
そのため、かぶまにあツーリングでは、いつもガソリン携行缶が手放せません。当然、今回のツーリング中でも、常にこのペースでの給油が続くんですよ〜。
まあ、ちょうど良い休憩タイムと言えばそうなんですが・・・

udon1.JPG
その後、快調に走って、6時40分頃に和歌山港へ到着。
仕事のため後発となったひろしくんと、それに付き合ってくれたのぶちゃんも先発隊から15分ほどの遅れで到着。これで、今回の参加者7人がそろいました。

udon2.JPG
約2時間の船旅は、全く揺れず、快適でした。
写真は、徳島港到着直前のメンバー達。防寒装備、バッチリで上陸を待っています。

udon3.JPG
徳島港から10分程で予約していたホテルに到着。
写真は、ホテルの駐車場へバイクを並べたところです。
では、この写真で、今回の参加者の紹介を・・・
手前から、
カブ90のひろしくん
リトルカブのあきらくん
エイプ100のあきさん
ゴリラのとっちゃん
カブカスタムののぶちゃん
ホワイトダックスのこうちゃん
ハンターカブの私
という「アホ?」な7名でございます。

ところで、この日(16日)は、あきさんにとって30代最後の日、翌日はめでたく40歳の誕生日でした。
そこで、私たちはちょっとしたサプライズを計画、バースデーケーキを用意しました。
あきらくんが色々調べてくれ、何と、希望の形に作ってくれるケーキ屋さんを発見!やっぱり、ヘルメットの形がええやろ!と、注文してくれていました。

あきさんが部屋を少し出た瞬間に
「今や!ケーキ出して、パーティの用意や!」
と、箱からケーキを取り出して見ると・・・
udon4.JPG
全員お腹を抱えて大爆笑!
「何やこれ〜!ケーキ屋のおっちゃん、何の形にしたんやこれ〜!ヘルメットはヘルメットでも、野球のヘルメットやんかァ〜、たのむで〜」
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

それでも、部屋に帰ってきたあきさんは
「最近、家でもこんなんしてくれへんで〜、なんか、めっちゃ汗、出てきたわ!あ〜、びっくりしたァ!」
と、すごく喜んでくれました。
こうして、ケーキを食べながらの、オッサン達の宴会は、夜中の1時過ぎまで続いたのでした。

(その2へ続く)
posted by 半田 株男 at 23:08| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

無事(?)帰還しました!

いや〜、楽しかった!
疲れた!
そして、ホンマに旨かった!

先ほど、四国うどんツーリングから、無事に帰ってきました。
まあ、色々とあって、結局自宅に着いたのが12時20分でした。(夜中のですよ)

どうして、「かぶまにあ」が動くと、トラブルが忍び寄って来るのでしょう?
今回も、色々と有りました。
楽しかった内容は、あす以降にUPさせて頂きます
posted by 半田 株男 at 01:56| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

四国へ!(うどんの旅)

もうすぐ、地元のオッサンツーリンググループ「かぶまにあ」の本年最後のツーリングに出発します!
今回の目的は、四国の「讃岐うどん」食べ歩き!

四国うどんツーリング仕様のハンターです!
12.16-1.JPG
防寒のために、ナックルガード(新聞配達仕様)を装着!

映画「うどん」の影響を受けた「かぶまにあ」の中心的存在のあきらくんが
「寒い季節はうどんや!カブでうどんを食うためだけに、四国へ渡る!これが男のロマンや!」
と、訳のわからん事を言い始め、
「おおっ!それは面白そうや!」
と賛同したメンバーが、私を含め7名!
周囲の
「アホちゃう?」
という反応を振り切って、もうすぐ出発です。
今日、仕事のメンバーがいるので、和歌山港19:30発のフェリーで徳島へ渡ります。
そこで一泊し、明日の朝から香川を目指し、4〜6件のうどん屋さんを梯子して帰って来る予定!

今まで3回のツーリングをして来た「かぶまにあ」ですが、毎回何かのハプニングが起こり、ノートラブルで帰って来た事は有りません。
さて、今回は何が起こるやら?
明日は、けっこう遅くなる予定なので、ここで報告出来るのは2〜3日後だと思います。

それでは!行って来ま〜す!
posted by 半田 株男 at 14:51| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

寒さ対策(になるのか?)

以前から気になっていた、鍛冶屋QPさん(HPはこちら⇒ http://kajiyaqp.at.infoseek.co.jp/ )のHPで見つけた、ミニシールド自作の記事。
ちょうどうちにも、シャリーに付いて来た風防が転がっている。かなりキズキズでどうしようも無いかな?と思っていたら、鍛冶屋さんのHPで、傷の修正方法も紹介されていました。
これなら、何とかなるかも?という訳で、今日はダサダサ風防をミニシールドに加工しよう!計画を発動しました。

(詳しい作業などは、鍛冶屋さんのHPを見て頂いたほうが、わかりやすいと思います。)

これが、シャリーに付いていた風防です
fuubouJPG.jpg
見事なおっさん風防ですな〜(笑)
とりあえず、周りのいらない物を外して、

fuubou2.JPG
フロントキャリアにステーを仮止めして、紙でだいたいの位置等を確認して、型紙を作ります。
これを、風防に乗せてマジックで切り取り線を書き入れます。(綺麗な物なら、直接線を書くのはダメでしょうが、どうせキズキズの代物。後で耐水ペーパーとコンパウンドで磨くので、気にせず書いてしまいました。)

fuubou3.JPG
ノコギリで大雑把に切り抜いた後、やすりで形を整えていきます。
その後、カッターナイフで、切り口をきれいに整形します。

fuubou4.JPG
だいたい出来上がった所で、仮組みです。元の風防の感じを残してみました。
バイク置き場の中で写したので、見づらい写真になりましたが、わかるかなァ?

今日は、ここまででタイムアップ。続きは、次の休みの日の楽しみと言う事になりました。
次は、耐水ペーパーとコンパウンドで、キズの修正をしてから、本格的に組みます。

これって、寒さ対策になるのかなァ?
ま、こうやってゴソゴソと何か作るのが楽しいので、効果があればなお良し!という事で!
posted by 半田 株男 at 22:08| 和歌山 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

尾鷲〜上北山村ツーリング

今日は、平日ですが、仕事はお休みです。
天気もいいし、先日ホシガメさんが教えてくれた、「丸山千枚田」へ行こうと決めました。それだったら、いっその事、尾鷲まで行って、そこから国道425号で上北山まで行って、南へ下って来る事にしました。
予定では、息子を学校へ送り出したら、すぐに出発するつもりだったのに、ウダウダとして、結局9時20分に出発。

ウダウダの一番の原因は服装でした。
今日の最高気温の予想は17℃。さて、ウインタージャケットにするか、革ジャンか。ツーリングパンツかオーバーパンツか。
あれこれと悩んだ結果、革ジャン+ツーリングパンツでお出掛けしました。
結果は、失敗でした。やっぱり、寒かった(T_T)
無理せず、暖かい服装で行くべきでした。

tanada.JPG
そんなこんなで、予定よりも遅れて、「丸山千枚田」に到着。
これはすごいですね〜!!!
これだけ狭くて、曲がっていると、大きな機械は使えないでしょうから、かなり体力勝負ですよ!「きれいやな」という感想ではなく、「うわ〜!大変やろうな〜!」と感じました。

sisiiwa.JPG
R311を南へと下って、熊野市に到着。獅子岩で休憩です。
獅子が吼えているほえているように見える事から、こう呼ばれているらしいです。(私には、鳥の頭に見えるけど・・・)

そこから、R42で尾鷲市に入り、いよいよ「酷道425号」に突入!
少し走った所で、川原へと降りる道を発見。降りていってみると
11.15tu1.JPG
川原に1本だけ、大きな木が生えていました。
こんなのは珍しいですよ〜!どうやってここへ生えたのかなァ???
ちょうど時間も1時前だったので、この木の下で少し遅い目のお昼ごはんを食べる事にしました。

お腹もふくらんで、気持ちよく走っているとこんな風景が・・・
11.15tu2.JPG
今日走っている中では、ここが一番きれいでした。

11.15tu3.JPG
そこから、もう少し走った所で、滝を発見!道路からはほとんど見えていないし、案内の表示板も何も無い所でした。何だか自分だけの場所を見つけた気がして、かなりうれしかったです。

11.15tu4.JPG
下北山村周辺って、ダムが多いですね。これは、ダム湖にかかっている吊り橋の上で写しました。

朝のウダウダの影響で、けっこう遅くなってしまい、R169に出てからは、トイレ休憩程度で、真っ直ぐに帰って来ました。
それでも、帰って来たのは、5時過ぎでした。
4時を過ぎると冷え込んできたために、かなり寒い思いをしました。

今日1日の走行距離は、約270km。
結構走ったなァ。
綺麗な景色もたくさん見たし、滝も発見したし、大満足の1日でした。
posted by 半田 株男 at 23:57| 和歌山 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

チョイツーリング(紅葉はまだかな?)

平日で仕事がお休み。しかも天気は最高!
これは、ハンターで出かけなくっちゃ!
という事で、午前中に用事を済ませて、午後に3時間ほどブラブラして来ました。

hirase1.JPG

R371を南へ下り、田辺市平瀬に行きました。
これが、最近、大手ゼネコンの談合疑惑で揺れている、トンネルの工事現場です。問題になっても、工事は進むんやなぁ〜。

ここから、細い山道をブラブラと・・・
hirase2.JPG

hirase3.JPG

紅葉にはまだ、早かったです。ちょっと気の早い木が、色づき始めている程度でした。
この山が、綺麗に色づくのは、後2〜3週間先かなァ???
posted by 半田 株男 at 00:17| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

かぶまにあツーリング

今日は、地元のツーリング仲間「かぶまにあ」(カブ以外の人も居ますが)のツーリング日。目的地は生石高原です。
ところが、前日からの天気予報は午前中50%!ヤバイなァ〜と思って布団へ入ったのですが、起きてみると雨は止んで晴れ間も見えています。やったァ!!!

oisitu1.JPG
集合はいつもの自動屋さん前。三々五々気持ちは高校生のメンバーが集まって来ます。
一番の遅刻は「よしー」。30分の遅刻でした。お・ま・え・は・な〜(-.-”)凸

oisitu2.JPG
参加メンバー紹介
写真の奥から「Sくん/モンキー」「あきらくん/リトルカブ」「のぶちゃん/カブ(カスタム)」「Mくん/カブDX」「Iちゃん/カブ90」「こうちゃん/DAX」「たかー/APE」「よしー/シャリー」「半田/ハンターカブ」
ちなみに、私がハンターの荷台に大きなボックスを載せているのは、小さなタンクなのに大きなエンジンを載せて、ガス欠の危険が有る、「こうちゃん」「よしー」のために、10gの携行缶を積んでいます。

他のメンバーも、後の写真を見ると解ると思いますが、ノーマルの人は1人も居ません。それぞれにあちこち手が入っています。

さて、ようやくメンバーがそろったので、まずは高野山を目指して出発!
oisitu3.JPG
龍神村を抜けて、標高1300bの護摩壇山スカイタワーで休憩です。ここへ登ってくる道沿いは紅葉が真っ盛り!すっごく綺麗でした。いつもなら途中でバイクを停めて、写真を写すのですが、今日は集団での移動なので、個人行動は自粛です。
駐車場内は人・バイク・車・観光バスでごったがえしていました。
さて、この駐車場を出発した後、ハプニングが発生!

oisitu4.JPG
リトルカブがパンクしてしまいました。
メンバーのIちゃん、Sくんは自動車屋さんのメカ。のぶちゃんは元バイク屋のメカなので、こういう時は心強い!さっそくチューブを引っ張り出して状況をチェック。
大きな傷は見当たらないので、パンク修理剤でどうにかならないか?と、注入してみたのですが、空気の漏れは止まりません。
みんなで相談して出した結論は、タイヤを外して、高野山まで持って行って修理して来る!でした。
さすが「かぶまにあ」の謎の主任技術者Sくん。なぜか工具を持参していて、簡単にリアタイヤが外れました。
パンク現場から高野山まで片道約20`。私のキャリアボックスにリアタイヤを突っ込み、のぶちゃんと2人で修理に行って来ました。

高野山のガソリンスタンドで修理してもらい、食料を調達して、現場へ帰って来るまで1時間半。ずいぶん時間をロスしてしまいました。
仕方なく、生石高原はあきらめて、高野山からR480で金屋町に行き、R424で龍神村へと帰るルートをひたすら走る事に決定。
高野山でR480の入り口を見つけるのに手間取りましたが、見つけてからは快調に走って、金屋町で給油。
R480へ入って、少し走ったところで、突然、無線機からIちゃんの叫び声が・・・
「あ〜っ!○※□△■忘れたァ〜!!!取って来るわ〜」
oisitu5.JPG
で、仕方なくIちゃんが帰って来るのを待っているメンバーです。
いったい、何を何処へ忘れたのかと思えば、金屋町のガソリンスタンドに、防寒用のフリース等を入れたリュックを忘れて来たのでした。

今回も色々とハプニングがありましたが、とりあえず誰も怪我をせず、無事に帰って来れました。
ハプニングは、次の宴会での酒の肴という事になるので、今回も大成功の「かぶまにあ」つーりんぐでした。
posted by 半田 株男 at 22:48| 和歌山 ☀| Comment(13) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

ヘッドライトが点かな〜い

昨日は、ハンターカブで出勤。
仕事を終えて、5時半頃に帰宅するためにエンジンをかけ、ヘッドライトをON・・・
あれっ!点かない!HiもLoも、両方が点きません。朝、家を出るときには点いていたのに・・・
外は、すでに薄暗くなっていて、ヘッドライト無しでは、ちょっと不安です。

ちょうど、職場のすぐ近くに、カブ仲間が働いている自動車修理工場が有るので、とりあえずそこへ行って、工具を借りる事にしました。

ヘッドライトを外してみても、球は切れてはいません。接点も綺麗です。球を取り付けるソケットも異常は無さそう?????
そこで、テスターを借りて来て、ソケットに電気が来ているかをチェックすると、ちゃんとHiもLoも電気が来ています???????
もしかして、マイナス側の線が断線?って思って、
heddo4.JPG
ソケットと緑線の先間の抵抗を測ると、どうやらこの間のどこかで断線しているみたいです。

heddo5.JPG
次に、緑線の根元のビニール皮膜を少しだけはがして、断線箇所は、はがした所より上か下かを確認。
結局、ソケットの中で線が外れているみたいです。

そこで・・・
heddo1.JPG
思い切って、ソケットの横に穴を開け、そこからみどりの線を入れて・・・

heddo2.JPG
こうして、直接、ソケットの金具へ繋いでみました。
これで、何とかライトは点き、ようやく家に帰る事が出来ました。

29日(日)には、地元のカブ仲間達とツーリングの予定です。今から部品を注文しても間に合わないでしょうから、応急処置で何とか対応しようと思います。
もしも、外れるといけないので、
heddo3.JPG
こうしてハンダ付けをしました。それから、3枚目の写真で、黒い絶縁テープを巻いていたのをタイラップに交換。
これで、何とかイケるでしょう。

最近、あちこち電球が切れたりしていたのは、これが原因だったのでしょうか?
機械的な故障と違って、電気関係の故障は、ここが悪いというのがはっきりとしないので、どうにも好きになれません。
今日も、ハンターで出勤しましたが、いまの所、問題無くライトは点いています。これで、完璧に治ってくれるといいのですが・・・
posted by 半田 株男 at 23:56| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

息子とハンターでお出掛け

昨日は、息子とハンターでお出掛けしました。
って言っても、親戚の散髪屋さんに、2人で散髪に行っただけなんですけど・・・
しかも、午後は友達と遊びたいという事で、散髪が終わったら、寄り道をせずに、真っ直ぐに帰って来る事になりました。
それでも、せっかく作ったPTTスイッチのテストもしたくって、ちゃんとヘルメットにマイクをセットして、出発前の送信テストを・・・・・
なぜか息子の無線機から送信すると、ノイズが入って聞き取れません。
「おかしいなァ?自作のPTTスイッチが悪いんかな〜???」
と、PTTスイッチの線を引き抜いて送信してみたけど、やっぱりひどいノイズです。
こだわり始めると、途中で止めない変な癖の私。「なんでやろ〜?」ってイジクリまわしている私に、息子から
「とうちゃん、無線機無かってもかまんのと違うん?」
という冷静なお言葉。
はっ!そうや!別に無線が無かってもかめへんやん!

結局、予定よりも30分以上遅れて出発(アホや〜)
綺麗な景色を見せたいと、13日にブログに書いた、虎が峰という所を通って散髪屋さんへ行きました。
散髪屋さんに着くと、先客が散髪を始めたばかりでした。
そんなこんなで、私と息子、2人の散髪が終わったのが1時でした。
友達と遊びたかった息子は、完璧に不機嫌な状態に突入!
帰り道でちょいと寄り道をして、写真を撮ってという私の計画は全てキャンセル。あたふたと最短距離で自宅に帰りました。

という訳で、今回のお出掛けは、写真なし、自作PTTスイッチのレポートもなし!という状態になってしましました。

でも、息子は、
「バイクで走るのは楽しかったで!また行こうな!」
と言ってくれました。
やったァ!これでまた、親子2台のバイクでツーリングという目標に近づいたかな?
posted by 半田 株男 at 00:11| 和歌山 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

果無山脈(龍神本宮林道)ツーリング

今日は、仕事がお休みです。天気もいいし、本当はやらなくてはいけない用事も有るけど、でも、快晴の天気に誘われて、ツーリングにお出掛けしてきました。
行き先は、龍神本宮林道。
以前にここへ行こうとしたのですが、土砂崩れのために行けなかった所です。

hatenasi2.JPG

本宮町の国道168号線から別れて、発心門王子の前を通る道が龍神本宮林道の始まりです。ここから、冷水山・安堵山と、1200m級の山を目指して、舗装された4〜5m幅の道路が、延々と続きます。

登り始めてすぐに、こんな木を発見!

hatenasi3.JPG

多分、松だと思いますが、道路の真上にニョキッと突き出しています。道幅と比べると、結構太い木だとわかりますか?
この木を、真下から見上げると・・・

hatenasi4.JPG

すごい迫力です。どうやって、こんな生え方になったのかわかりませんが、山肌に、しっかりと根を張って、曲がった木を支えています。この木の持つエネルギーみたいな物を感じました。

さて、曲がりくねった道を、ダラダラと登って行くと、緑だった木の色が、段々と黄色みを帯びてきます。この辺りは、ブナの木が多いそうで、赤く色づかずに黄色くなるだけのようです。

冷水山・安堵山の山頂付近まで登ると、こんな感じです。

hatenasi5.JPG

ここまで来ると、ほとんどの山を見下ろす事が出来ます。
上手くつながらないかな〜?と思って、写してきた写真を合成してみました。どうでしょう?

hatenasi6.JPG

見晴らしもいいし、ここでお湯を沸かして、お昼ご飯と、野点コーヒーを楽しみました。
ここからは、急な下り坂を走って、山を降りていきます。降りて行くと、龍神村と十津川村の間にある、ヤマセミ温泉の近くへ出て行きます。

の〜んびりと、マイペースで走って、4時間と少しのツーリングでした。
キャンプツーリングやグループのツーリングもいいけど、こうして1人でブラブラするのも楽しいです。
あ、余談ですが、龍神本宮林道を走っていて、雌鹿とお猿さんに出会いました。これもまた楽しみの1つです。
posted by 半田 株男 at 23:35| 和歌山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

PTT(送信)スイッチ 自作

息子とタンデムでお出掛けがしたいっ!というおやじの勝手な目標を達成するために、先日、シートやステップを買いました。
次は、話しながら走りたい!という目標のために、またまた自作をしました。

わたしのバイク用無線装置はこういった物です。

PTT1.JPG

これを後に乗る息子が操作するのに、問題なのがPTT(送信)スイッチです。
PTTスイッチとその接続部はこうなっています。

PTT2.JPG

通常、PTTスイッチは、すてーをバックミラーのネジで止めます。
後に乗る息子が話そうとすると、このスイッチを手に持って操作します。これは、かなり操作しづらいと、息子が怒っていました・・・
仕方ない、使いやすいスイッチを作るか!

接続部分は、どうやらオーディオ用のケーブルと同じかな?って思って、合わせてみると、ピッタリでした。
次は、どんなスイッチにするか?
PTTスイッチは、電気が流れると送信するしかけになっています。押すと電機が流れて、離すと切れるのが理想です。しかも、後に乗った息子が、手袋を付けた手で簡単に操作できる方法は???
と、色々考えながらホームセンターをブラブラしていると、いい物を見つけました。それがこれ!

PTT3.JPG

呼び鈴のスイッチです。病院のベッドの横などでよく見かけますよね?さっそく購入して来ました。テストしてみると、バッチリ送信しました。
後は、どうやって手に持ちやすくするか?色々考えた結果、要らないルーズリーフノートの表紙を
↓こんな形に切りました。

PTT4.JPG

そして、これを呼び鈴のスイッチに取り付けて、さらに紐を取り付けると・・・

PTT5JPG.jpg

完成!
これで、スイッチを握り締めていなくても、落とす心配はありません。
送信する時には、パッと握ると、すぐにスイッチを押す事ができます。
息子にテストしてもらったところ、なかなか好評でした。

次の日曜日が良い天気だったら、実際にチョイツーリングに行って、使ってみたいと思います。
posted by 半田 株男 at 21:23| 和歌山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

さっそくお買い物

先日の、「谷瀬の吊り橋」キャンプを終えて、これは買っておこう!と思った物を買いに行ってきました。
それは、バーナーでも無ければ、ターフでもありません。ましてやテントでもない。
それは・・・

pompu.JPG

エアーポンプです。
初めて自宅でエアーマットを膨らませた時もしんどかったけど、テントを設営して、荷物を運び込んだ後で、口で膨らませるのは、ホンマにしんどかった!
という訳で、さっそく買って来ました。
さっき、マットの枕部分だけを入れてみましたが、これは楽に使えそうです。

但し、問題も・・・
けっこうかさばるんですよ〜。
箱に入れた状態で、19cm+25cm+5cmも有ります。
これをリアボックスの中に入れると、ずいぶんスペースをとられます。
ウ〜ン、どうしよう???

さて、買い物を済ませたあとで、ちょっと遠回りをして帰りました。
田辺と龍神をつなぐ、県道29号線です。
この道の途中に、すごく好きな景色が有るんですよ!

toragamine.JPG

虎が峰峠付近の風景です。(携帯で撮ったので、あまりきれいではありませんが、この雄大さは伝わるかなァ?。
posted by 半田 株男 at 01:12| 和歌山 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

谷瀬の吊り橋でキャンプ(1日目)

昨夜、頑張って書いた「谷瀬の吊り橋でキャンプ(1日目)」の記事が消えてしまったァ〜〜〜!!!
多分、何かミスをしたんやろうなァ・・・ハアァァ・・・
と、いう訳で、以下はもう一度書き直したものです。

このブログによく来てくれる、cubdegoさんやてぺさん、ひろやん達と「新米を食べよう!オフ会」をしようという事になり、日程を調整して、ついに!7・8日に実現しました。

tanise1.JPG

オフ会の場所に選んだのは、奈良県十津川村にある、谷瀬の吊り橋の真下にあるキャンプ場です。
知っている方も多いかと思いますが、谷瀬の吊り橋とは
 こんな所です。

tanise7.JPG

写真、右下に写っている、川原の横の松林にテントを張りました。
キャンプオフ会と言えば、天候が気になっていたのですが、前日の夜、天気予報をチェックすると、晴天の予報。安心してお布団に入りました。
ところがっ!朝起きると、パーフェクトな曇り空!しかも風まで強く、時雨まで飛んでいます。
これはえらい事や!と思いつつ、10時過ぎに自宅を出発。待ち合わせの時間は3時半〜4時。真っ直ぐに行くと早く到着しすぎるので、途中の道の駅で雨宿りをしたり、食事をしたりと、かなり時間調整をして、3時にキャンプ場に到着しました。
受付に行くと、こちらは友達が来ているかなど、全く聞いていないのに、管理人のおばちゃんは開口一番
「お仲間さん、もう来てるよ〜!」
う〜ん、やっぱりハンターカブは目立つんやなァ。

cubdegoさんとは、これでもう3回目ですが、てぺさんとひろやんは初対面です。と言っても、ずっとブログで色々な話をしているので、全く違和感なくオフ会は始まりました。

到着した時は、かなりの強風と細かい雨が降っていたので、3人とも、テントはもう少し風が治まるのを待ってからということで、ターフを立てただけで私を待ってくれていました。
では、さっそく始めましょう!と、まだ3時なのに、いきなり宴会の始まり!

tanise2.JPG

今回の食材は、かなりゴージャス!です。

tanise4.JPG

カニや亀八焼き、何と!ステーキまで!!!たまりませんなァ〜。
こうして、宴会をしながら風が治まるのを待ったのですが、5時になっても一向に治まりません。仕方なく、強風の中、しかもほろ酔いかげんでテントを設営。
そこから、怒涛の宴会第2部へと突入したのです。
途中でふと気が付くと、雲の切れ間から満月が顔を出しています。
「おお〜!まんまるお月さんや!」
と、なぜか全員カメラを取り出して、月の撮影会となりました。

tanise5.JPG

いや〜、それにしても、ホンマにたくさん食べて飲んで、しゃべったしゃべった!
結局、宴会の終了時間はたぶん11時過ぎ。(酔っ払っていたので、正確な時間は全く不明)何と!延々10時間以上も宴会をした事になります。いや〜!最高に楽しかったです。大満足でテントの中へと這い込みました。
この時期、寒いかな?という予想はハズレでした。テントの中は、意外と快適!熟睡とまではいきませんが、十分睡眠を取ることが出来ました。

(2日目へ続く)
posted by 半田 株男 at 23:12| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷瀬の吊り橋でキャンプ(2日目)

一夜明ければ、強風も納まるだろうという予想を見事に裏切って、2日目もすごい風のなかで目覚めました。
もう、風の中で食べるのはコリゴリという事で、朝食のために建物の影に移動。

tanise8.JPG

やっぱり楽やなァ〜。
朝から、味噌煮込みうどんなどを、しっかりと胃袋に収めた後は、テントの撤収、記念撮影(1日目の最初の写真)をして、一路十津川温泉へ

tanise9.JPG

ここの露天風呂で、ゆったりと時間を過ごした後は、お昼ご飯を求めてウロウロ。結局、ラーメン屋さんでお昼ご飯となりました。
その、ラーメン屋さんでのんびり食べていた所へ、
「あの〜、CT110に乗られている方々ですね?バイクが1台倒れていますよ」
と、親切な方がわざわざ教えに来てくれました。よく話しを聞くと、どうやらてぺさんのハンターが、風にあおられて倒れてしまったらしい。慌てててぺさんが見に行くと、ウインカーのレンズが割れていました。
やれやれ、本当に今回のツーリングは、トラブルが色々とありました。
まあ、それも楽しい思い出になりますでしょう。

ここで、3人とはお別れです。私だけ南へと下り、3人は五条を目指して北上して行きました。
「それじゃあ!気をつけて!」
と言って別れたのですが、この後、今回のツーリング最大のトラブルがひろやんを襲ったのでした・・・
気になる方は、このブログの「お気に入り」にある、「死ぬまでハンターカブ」まで、見に行って下さい。きっと笑えますよ〜。
posted by 半田 株男 at 00:48| 和歌山 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

待ち切れな〜い

土曜日にキャンプオフ会を行います。
楽しみやなァ!
待ち切れずに、ボックスへ荷物を詰めてみました。

nidukuri.JPG

Yahoo!の天気予報で調べると、最低気温が14℃となっているので、3シーズンでも大丈夫かな?と判断しました。私の場合、お金をケチったので、3シーズンでも、結構な大きさになってしまいます。
「アウトドア用品の大きさは、値段と反比例する」
というのは本当やなァと、荷造りをするたびに実感します。
もう少し、コンパクトなシュラフが欲しいなァ・・・

大きなボックスに入っている、丸い物は100均ショップで買った中華なべです。cubdegoさんに教えてもらいました。これが便利なんですよ〜。

後は食材を詰めるとOKです。
あ〜、楽しみやなァ!完全に遠足前の小学生ですね(笑)
posted by 半田 株男 at 21:31| 和歌山 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

復活!!!

raito11.jpg

あ〜ホッとしたァ!
ヘッドライト、復活しました!
やっぱりプロですねェ。

で、何処が悪かったかと言うと・・・
電球の電極が減ってしまって、ソケットの電極との接触不良をおこしていました。
バイク本体には問題が無かったという事で、一安心です。
さっそく、新品のヘッドライト球を注文しました。

新品の球が来るまでの応急処置として教えてもらったのが、電球の電極にハンダを盛って、接触するようにするという技。

raito12.jpg

写真の盛り方では、足らなかったので、この後、これの倍くらいハンダを盛りました。その後、ヤスリで形を整えて装着すると、無事ヘッドライトは点きました。
これで、安心してキャンプに行けます。
あ〜、良かったァ!!!
posted by 半田 株男 at 22:56| 和歌山 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ヤバイ!ヘッドライトが〜!

今夜、ちょいと用事のために、ハンターに乗って片道5分程度の知人宅へお出掛けしました。
何だか、ヘッドライトがいつもより明るいような???気のせいかな〜?と思いつつ、目的地に近づいた時、一瞬ヘッドライトが消えて、また点いた。?????って思いながら、目的地に到着と同時に、ヘッドライトが完全に消えました!!!
あれれっ!と、思い、とりあえずLowだったライトをHiにしたのですが、やはり点かない。
ライトのスイッチをポジションにすると、これは点きます。
仕方が無いので、ハンターは預かってもらう事にして、知人に自宅まで送ってもらいました。
とりあえず、バラしてライトの中を確認しないと、何とも言えません。
また、間の悪い事に、明日は仕事!
しかたがないので、明日、仕事を終えてから持ち帰って原因を確認します。
はあ〜、まいったなァ〜(T_T)
posted by 半田 株男 at 23:01| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする