2016年09月29日

頭の中の小学生

大変です!!!
先日の台風で、借りている田んぼの稲が・・・

0928ine1.JPG
ぜ〜んぶ倒れてしまいました。
しかも、倒れた後も全く晴れず、雨ばっかり。
倒れたって事は、大切な大切な米は(場所によりますけど)地面に付いています。
お米=種
種が有って、水と土があれば当然発芽します。

0928ine2.JPG
ほらね(笑)
って言うか、笑っている場合じゃあありません。
発芽したら、食べられなくなってしまいますから。
とにかく早く刈りとってしまわないと・・・
という訳で、コンバイン投入!

ここで、お米作りの方法について
・天日干し
 稲刈り機で刈り取る
 「さがり」という稲を干す竿に干す(天候によるが2週間前後)
 (この時、お米が下になるように干すため、成分が下に降りてきつつ乾くので美味しくなる・・・らしい)
 脱穀をして籾の状態になる。
 完成!

・コンバイン
 コンバインで刈り取る。
 と同時に脱穀(この状態では乾いていないので生)
 乾燥機に入れて風とバーナーの熱で乾燥。
 完成!

という差があります。
うちは本来天日干しなのですが、おじさんと共同でコンバインも持っています。
今回は、非常事態なのでコンバイン投入を決定!

0928ine3.JPG
おじさんの倉庫からコンバイン出動〜!
こういう倉庫からコンバインを出して来るなどのシチュエーションの時に、必ず私の頭の中では
「タッタカタ〜ン!」
と、サンダーバードのテーマが鳴り響きます。
どうやら50過ぎのオッサンの中には、小学生がすんでいる(笑)

で、ふと思ったのです。
女性の中には小学生は住んでいないのか?
例えば、お化粧道具の丸型のファンデーションとかを持った時に・・・
「てくまくまやこん・てくまくまやこん・・・」
って呟いてしまう時は無いのでしょうか???
posted by 半田 株男 at 22:20| 和歌山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

落花生を収穫

今日も雨降り・・・
本当は稲刈りをしたいのですが、こう雨が続いては無理です。
という訳で、今日は落花生の収穫。

0925rakka1.jpg

0925rakka2.JPG
引き抜いて土を落とした後、天日干しします。

ところで、落花生って根に豆が付いて出来るようなイメージが無いでしょうか?
って言うか、そもそも土の中で出来る事も知らない方もあるかも?
「落花生」という名前のように、花が咲いた後、その花は長く伸びて土に着きます。
そのまま土の中に潜り込み、豆は土の中にできます。
それがよくわかるのがこちら

0925rakka3.JPG
枝から伸びた先に豆が付いています。
白くなったところが土の中に入っていた部分です。
が地面にちてじる豆。
面白い植物やなァと思います。
posted by 半田 株男 at 21:11| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

秋の味覚(さまつ)

今朝、友達のFacebookに、
「さまつ豊作」
の一報と共に画像がUPされていました。
こんなの見たら、もうウズウズしてきます。
雨が降っているので、合羽を着こんでさっそく山へ。

0924samatu1.jpg
大漁〜v^_^)
親戚とか友達とか、あちこちに差し上げました。
posted by 半田 株男 at 22:39| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

稲刈り

0917ine1.JPG

さて、いよいよお米作りも佳境です。
稲刈りをしています。
今年は天候が悪くて、苦戦しております。
ここ1週間ほど雨ばかり。
ようやく雨があがったので、昨日から稲刈りをスタートしました。
天候が悪いのを見越して、早めに田んぼの水を抜いていたつもりですが思うようにはいきません。
今日刈った田んぼは、稲刈り機が入れたのは1/3程。
後はぐちょぐちょで、機械が入れる状況ではありません。
無理して入って、見事なスタックをやってしまいました。
トラックにバイクを積むときのラダーレール(はしご)を持って来て、泥の中に敷き込んで、何とか脱出しました。

明日からは、また雨みたい。
次に稲刈りができるのは何日かなァ?
posted by 半田 株男 at 22:10| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

酷道425号ツーリング

毎日「暑い暑い」と言いながら百姓をしていたら、先輩よりツーリングのお誘いをもらいました。
「暑いから、山の方へツーリングに行こうや!」
という訳で、久しぶりにハンターカブでツーリングです。
山の方の避暑ツーリングという事で、R168➡R425➡R169のコースに決定!

0828R425.jpg
先を急ぐ必要もなく、マイペースでの〜んびりと。
やっぱりハンターカブでのツーリングは楽しい。
狙い通り、R425は涼しい涼しい。
写真のすぐ先にある白谷トンネルは寒いくらいでした。

でもね、午後1時頃からどんどん雲行きがあやしくなって、2時過ぎには本降りに。
そうでした、紀伊半島のこの辺りは日本有数の降雨地域。
それでもハンターカブだと、走るのが楽しい。
久しぶりに楽しんだので、、また明日から百姓を頑張ります!
posted by 半田 株男 at 22:16| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンターカブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

胡麻

胡麻の花が満開です〜

0824goma1.JPG
ずいぶん成長して、150cm〜160cmくらいの高さです。
これくらいの高さになると、先端の花の部分を切り落とします。
ちょっと勿体ない気もしますが・・・

花の下に、さやが見えると思います。
この中に胡麻の粒がギッシリつまっております。
花を切り落とすと、どんどん上へと成長していた胡麻が成長を止めて、さやの中の実を充実させるようになります。
さやが茶色くなってきたら収穫です。
もう少し!
posted by 半田 株男 at 00:11| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

使いまわし!

0820sityu1.JPG
トウモロコシ、植付第1弾、収穫終了〜
収穫が終わったので、さっそく残っている軸を引っこ抜いて耕します。
トウモロコシは、間を2週間開けて3回植え付けたので、終わったトウモロコシの隣では今収穫しているやつが成長中。
さらにその奥では、花が真っ盛りでございます。
だいたい1か月にわたってトウモロコシが収穫できます。
ちなみに、トウモロコシの後は小松菜を植え付けます。

0820sityu2.JPG
トマトはほぼ終わりなので、まだ実が付いているものを残して、支柱を外し始めました。
なぜ、そんなに急いで外す必要が有るのかというと・・・

0820sityu3.JPG
外した支柱はすぐにインゲンを育てている場所に持って行って、インゲン用の支柱として使いまわします。
インゲンが終わると次はエンドウの支柱にと、だいたい1年中次々とお仕事をしてもらっています。
posted by 半田 株男 at 21:52| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

オクラが最盛期

1か月ぶりの更新です。
ようやくお盆用樒(しきみ)の集中出荷が終わりました。
約3週間ほど毎日樒・樒・樒!
この間、蜂に刺される事2回・ムカデに噛まれる事1回・ダニに噛まれる事数え切れず(笑)

さて、わが半田農園では、今オクラが最盛期を迎えつつあります。
私は、オクラがどうやって育っているのかなんて、世の中の大多数が知っているものだと思っておりました。
が、先日、某国営放送でオクラを取り上げていまして、案外知られていないのだろうかと・・・

0811okura1.JPG
我が家のオクラ達です。
背の高いものは、私の身長くらいに伸びております。
それで、オクラの花なんですが・・・

0811okura2.JPG
こんな綺麗な花が咲きます。
先日の国営放送の言葉を借りるならば、「世界一綺麗な野菜の花」なのだそうです。
毎朝咲いてくれるので、なかなかいいものですよ〜

ところで1枚目の写真でよく見てもらうと、背の高いオクラとオクラの間に何かが植えてある事に気が付いてもらえるでしょうか?
そこを写してみると・・・

0811okura3.JPG
こうなっています。
間には、生姜が植えてあります。
生姜は、適度な日陰を好むのですが、畑の中で「適度な日陰」なんて簡単には作れません。
そこで、非常に背が高くなるオクラの間に植えてあげると、ちょうど良い日陰になるらしいです。
なにしろ初めての試みです。
9月末には収穫予定。
楽しみやなァ。
posted by 半田 株男 at 20:16| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

日本ミツバチがやって来た

以前から、
「農業をやるのなら、ぜひ日本ミツバチもやってみるといい」
と、知人から勧められていました。
まあ、今年は本を読んで知識を貯めて、来年の春くらいから始めましょうと思っていました。
が、突然その知人から
「蜂、巣箱へ入ったよ〜。取りにおいで〜」
と、連絡がありました。
頂けるというなら、もらわない手はありません。
蜂は、日中は活動して暗くなると巣に戻って夜を過ごします。
つまり、巣箱ごと移動するには暗くなってから出入口を塞いで運びます。

F78D51E0-56E4-48EA-BD5E-0D7DC1B1F4D0.jpg
22時頃。雨の中をミツバチ搬送中〜
何処に巣箱を置くか悩んだ結果・・・

B6622842-30BB-48C1-8CE4-3ABDD37F4C62.jpg
倉庫の壁の横に置いてみました。
ここを気に入ってくれるといいのですが。

posted by 半田 株男 at 13:58| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ミツバチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

ジャガイモ収穫

0619jaga1.JPG
昨日ですが、ジャガイモの収穫をしました。
梅雨の季節に収穫時期を迎えるジャガイモ。
昔から、雨がたくさん降った直後に収穫すると腐りやすいと言われています。
なので、梅雨の合間の晴れた日を狙って、昨日収穫となりました。
でも・・・
残念ながら、今年のジャガイモは出来が悪かったです。
1株から取れる新ジャガの数が少ないし、1つ1つの芋の大きさも小さい。
なんでかなァ・・・
まあ、収穫の喜びは変わらないですけどね〜
posted by 半田 株男 at 00:20| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする